宿を始めるまで…フリーターからヘルパーを経て…

長崎の佐世保で生まれ育った父ちゃんは高校を卒業後、大阪で就職しますが、半年ほどでやめ、沖縄へ旅に出かけます。 昭和48年1月のことでした。

母ちゃん:最初は北海道じゃなくて、沖縄を旅したんですね。

宿主:なんとなく、どこか遠いところへ行きたくなって、前の年に日本に返還されたばかりの沖縄へ行ったんですよ。二十歳の成人式の日、沖縄へ行くフェリーの中だったのは、今でもよく覚えているなあ。

母ちゃん:返還されたばかりの沖縄だったら、観光開発もまだされてなくて、素朴だったんでしょうね。

宿主:海がとにかくきれかった。お金がなくなったら大坂に舞い戻ってアルバイトをして、お金がたまったらまた沖縄に行って、結局沖縄にはトータルで8ヶ月ぐらいいたかな。

母ちゃん:それから北海道へ行ったのは、やはり遠くへ行きたい気持ちで?

宿主:いや、沖縄で出会った旅仲間たちが、北海道も良いぞ、ってよく言ってたから、よし、じゃあ今度は北海道へ行ってみようって気になってね。

北海道で一ヶ月ばかり旅をするうちに、道北の浜頓別で旅人が宿を始めるという噂を聞きます。

母ちゃん:今でこそ、旅人が始めた宿ということで「とほ宿」と言うネットワークも出来て、道内に何十軒もそういう宿があって、珍しくもなんともないけれど、その当時としては、そういう宿はなかったわけでしょう?

宿主:貧乏な若者が泊まれる宿って言うと、ユースホステルぐらいしかなかったから、東京から来た旅行者が北海道に住み着いて、宿を始めるって言うのはすごく新鮮に聞こえてね。どんな人がやるのか、どんな宿なのか見てみたくて、訪ねて行ったんですよ。

母ちゃん:それが、トシカの宿初代オーナーの、Kさんとの出会いですね。

Kさん(右端)とお客さんと父ちゃん(ヘルパー時代)

Kさん(右端)とお客さんと父ちゃん

宿主:行った時、宿オープンの数日前で、Kさんから、「もうじき結婚するんだけど、それまで俺一人で大変だから手伝ってくれないか」って頼まれて、どっちみちどこかでアルバイトでもして、もう少し北海道にいようと思っていたから、引き受けたんですよ。それでKさんのお嫁さんが来たとき、俺は辞めて出て行こうとしたんだけど、Kさんから「嫁さんも慣れなくて大変だから、もうしばらくこのまま手伝ってくれ」って頼まれて、結局そのまま2年間もトシカでヘルパーをしました。

母ちゃん:トシカの宿は、とほ宿の草分け的な存在だけど、父ちゃんはその初代ヘルパーだったんですね。

宿主:Kさん自身は、11年ぐらいで宿をやめちゃって養鶏家になっちゃったけどね。

母ちゃん:Kさんは、父ちゃんにとっては宿の師匠にあたる人ですね。いろいろ厳しく仕込まれましたか?

宿主:師匠と言っても、Kさん自身はあまり表に出なくて、接客なんかは俺の好きなようにさせてくれたからね。夜の飲み会で、お客さんと一緒に飲んで盛り上がったりとか、昼間は自転車で岬までよく走ったりとか。ほんと、自由にさせてくれたなあ。だからこんな俺でも2年間ヘルパーをやれたのかな。

母ちゃん:人生に運命的な出会いがあるとすれば、Kさんは間違いなくその中の一人ですか。

宿主:う~ん、運命的なのかどうなのか、確かにKさんのもとでヘルパーをしなければ、宿をやる気になったかどうかは分からないですね。とにかくKさんはパワーとガッツのある人で、今でも年に何回か浜頓別に会いに行って、K節を拝聴しないことには、なんだか力が出てこないですよ。

2年間トシカの宿でヘルパーをした後、父ちゃんは自分で宿を開くことを決心します。

母ちゃん:やはり、ヘルパーをしているうちに宿をやりたいって、思うようになったんですか。

宿主:宿をやりたいっていうよりも、この仕事なら俺にでも出来るかなあって思うようになってきましたね。俺は今で言う「ぷー太郎」「フリーター」ってところでしたけど、その当時はそんな言葉なんかなかったし、社会的にも、そういう存在は受け入れられなかったですからね。何か仕事に就かないと、と言う気持ちは強くあったんでね。ヘルパーを2年間好きなようにやらせてもらって、この仕事なら、て思ったんですよ。

母ちゃん:最初はサロベツじゃなくて違うところで宿をしようと思ってたんですって。

宿主:トシカに来ていたお客さんから「十勝の大樹町が穴場的存在ですごくいい」って聞いてたんで、そこでやってみようかなと思って下見に行ったんですよ。でも行ったとき、天気が悪くてどんよりしていて、とても第一印象が悪かった。こんなところに住むのは嫌だなあと思って一日で帰ってきちゃった。

母ちゃん:サロベツを勧めたのは、実はKさんだったそうですね。

宿主:そうです。ヘルパーをやっていたときに、何回かエゾカンゾウを見に来たことはあったんですよ。そのときはきれいだなあとしか思わなかったけど、宿をやるなら、確かにサロベツだったらお客さんが来て良いかなあ、と思うようになって。

母ちゃん:大樹町はその後あしたの城でヘルパーをやったA君が影響を受けて、「セキレイ館」と言う宿を始めるんですよね。

宿主:彼も、今は2代目のオーナーに譲ってバイク用品店を札幌に出しているけどね。まあ、俺が大樹町に行ったとき天気よかったら、その後の人生も、出会いも変わっていたかもしれないね。

昭和51年の春。23歳だった父ちゃんは、大坂で勤めていたころに知り合った仲間S君とY君と、宿を建てるためにサロベツへやってきた。持ってきたのはテントと自炊道具。物もお金も知人も無かった3人だった。

このページの先頭へ