01 ついに始動!以前から計画していた物置小屋を作る「準備」

焚きつけ

豊徳神社の掃除でごみとして出た柴は、部屋にオブジェのように積み上げられ、 大して寒くはないけど火の気が欲しい今の時期に重宝しています。

薪置き場

ごみが有料化になって、木っ端などをくれる人が多くなりました。もちろん薪ストーブで焚けるような 、釘のないきれいな木っ端です。灯油が高いこの冬、お互い助かるのであります。

もらったもの

でも宿主は、薪に使わない電柱などももらって集めております。近所の人が、小屋をつぶして出た角柱などなど・・・。

かつての洗濯干し場

物干しに使っていた電柱も抜いて、なにやら自転車小屋の横の土地を整備しております。

物置小屋予定地

そうです、構想3年、ついに物置小屋を作るプロジェクトが動き出したのでありました。とにかくお金を使わないで、 ごみとして捨てられるような廃材で、宿主が自分で作るのだそうです。

廃車の移動

肥料入れに使っていた廃車を、近所の農家の人に頼んで移動させました。 今までは、廃車があるから小屋が作れないと言っておりましたが、これからはそんな言い訳はきかんぞ。。。

廃車の移動

材料が手に入ったら、その分で、少しづつ作っていくのだそうです。う~ん、完成する前に、 最初に作っている部分が腐っていくのでは??と、横で見ている私は思うのでありますが、果たしてどうなることやら。 「プロジェクトX ごみで出来た小屋」ついに始動であります。

このページの先頭へ