05 雪が溶けるまでちょっと一休み 世界で一つだけの椅子

椅子を組み立てる

プロジェクトがお休みの間取り組んでいた椅子が、ついに組み立てるばかりになりました。費やした時間は一ヶ月です。 愛犬ノンタも窓の外から完成の瞬間を見守っています。

椅子を組み立てる

「人間工学に基づいてデザインしたんですか?」と聞く私に「そんなもんしてるわけないだろ!」と、期待通りの答え。 座り心地を全く追求していない椅子だそうです。

完成

右側が上がってるだの、長すぎるだの、隙間が開いてるだの・・・、ワイワイ言いながらついに完成です。つや消しを塗ると、 いい色になりました。

品評会?

喫茶お天気屋のマスターが遊びに来て、さっそく品評会になりました。新しいパソコンを買いたい私は、その資金を稼ぐため、マスターに6万円で 売りつけようとしましたが、マスターは笑うばかりです。

品評会?

材料の関係で座板が微妙に短く、どちらかというと女性、もしくは子供向けの椅子のようです。 一枚板にこだわった宿主ですので、デザインが悪いだの、すわり心地が悪いだの、散々言われても平気です。

すわり心地はいかがですか?

薪として、燃やしてしまうには惜しかった楢材から、世界に一つだけの椅子が完成し、新しい命が吹き込まれたのです。 俗物の私としては、それプラス、売れて小遣い銭稼ぎになれば、最高なんですが。。。

このページの先頭へ