07 息子の小屋が先に完成?!

雑草茂る物置小屋の骨組み・・

プロジェクトを再開したものの、やぶ蚊が多くて小屋作りを中断した宿主。6月半ばから工事は中断したままです。 雑草が覆い茂って、作っている途中と言うより、最初から廃墟のようになっている始末・・・。

柵をばらして適度な大きさに切る

いつ物置小屋は完成するのか、完成するより先に材料が腐るのでは・・、と言う状況で、思わぬ伏兵が小屋を 作り始めました。息子です!!

三角の壁の部分を作る

と言っても実は夏休みの自由研究で、木を使って家の模型を作りたいと言い出したのでした。 今まで簡単な自由研究しかした事が無かったので、宿主は出来るかどうか危ぶんでいましたが、息子の意気込みは、 強いものがありました。

立体的な形になってきた

息子は民宿あしたの城の模型を作りたがっていましたが、初めてノコやトンカチを使うので、 小鳥の小屋(巣箱)を作ってみる事にしました。材料は、子供達が小さかった頃、薪ストーブの囲いにしていた柵をばらして、 廃材の再利用です。

看板の字が下手くそでも、それが味わい?!

息子は、宿主の指示通りにノコをひいたり、トンカチを叩いたりしましたが、曲がったり、指を叩いたり、悪戦苦闘の連続です。 そして最後に「ことりの宿 あしたの城 1泊2食付4,900円」の看板をつけました。おぉ、単なる小鳥の小屋かと思えば、 あしたの城2号店が出現です。

家にあった廃材で、全て出来上がり

こうして小鳥の小屋(2号店?)を無事完成させた息子は、学校へもって行きました。 今は中断中の宿主も、そのうち気が向いたら(?!)自分のプロジェクトを再開させるでしょう・・。

このページの先頭へ