11 扉はとりあえず仮止めしたが、実際は窓から出入りする

爆弾低気圧がやってくる

11月22日、非常に発達した低気圧がやってきました。昨年の同じ月同じ日にやってきた爆弾低気圧で、 建てかけていた柱が全部倒れてしまった事があったので、大変緊張した夜を過ごしました。

何とか持ちこたえる

仮止めしてあった扉は吹っ飛んだものの、爆弾低気圧が過ぎても物置小屋本体は無事建っておりました。 見てくれが悪いので、どうも風で簡単に飛ばされてしまいそうなイメージが・・・。

扉仮止め

飛ばされた扉を、しっかり取り付けました。これで吹雪になっても大風が吹いても大丈夫だと 宿主はおお威張り。

取っ手のない扉??

でも良く見ると、扉には取っ手がない。というか、ただベニヤ板を壁のように打ち付けただけで、出入りする扉には見えません。

出入り口は窓

「どうやって出入りするの?」と聞けば、「窓から出入りする」とのこと! 扉は来年の春、雪が解けてからゆっくり作るそうです。考えてみれば、これから雪が降り積もって行きますので、 高い所にある窓から出入りするのが賢明かも。

床を張る準備

12月に入ってサロベツは根雪になりました。これから雪が積もっていく一方です。物置小屋の外側を造る作業はどうにか終わり、 宿主は物置小屋の中で、床を張る作業に取り掛かったのでありました。

このページの先頭へ