今度はタヌキ!

タヌキ客室から見た利尻先日は車から雪面にダイブするキツネを見たのでありますが、カメラもなくびっくりするばかりで通り過ぎました。今日も稚内へ行くことになり、利尻が見えていたこともあって、カメラを持っていくことにしました。なんか出てくればいいかな~と思って。

するとさっそく、稚咲内へ行くまでに道端のすぐそばにタヌキがいるのを見つけました。タヌキはキツネと違って何となくおっとりした感じで、どことなく動きがユーモラスなんですよね。こちらをじっと眺めた後、のこのこと逃げていきました。

オオワシやオジロワシも出てこないかな~って思いましたが、全く見かけませんでした。冬に道道106号線を走るときは、必ず見かけていたのに、数が少なくなってしまったのでしょうか。綺麗に見えていた利尻も、昼前には雲に覆われて時折雪が降る天気になりました。

キーワード

2018年1月13日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ