まだ運は使い果たしていなかった?!

月齢16の月と利尻日の出と朝焼け昨夜は快晴で、一日ずれていたらきれいな皆既月食が見られたのにと思いながら寝たので、朝起きると一番に窓の外を見ました。すると雲一つない東の空、そして西の空には利尻と月です。おおお!これは月を撮るか日の出を撮るか、悩ましいところ。

お客さんはいなかったので、朝ご飯をさっさと作って宿主には先に食べてもらい、今日は海岸に行って月と利尻を撮るかと思っていたら、車のエンジンをかけたところで雲がわいてきました。おやおやと思っているうちにその雲が赤く染まっていきます。これはやっぱり日の出を撮るべきか!と思って長靴のまま裏庭にズボズボとダッシュ!思わぬ展開でありました。

利尻と月午後の利尻日の出を撮った後、ピンクに染まる時間は終わってしまいましたが、せっかくなので海岸に行ってみました。すると利尻には雲がかかっていて、ほとんどが日陰になっていました。これでは庭から撮っていても変わりませんでした。せっかく海岸まで来たので、とりあえず証拠写真を撮りました。9時過ぎには利尻もきれいに見えてきました。午後には用事があって海岸に出た時に写真を撮りました。逆光ですが、冬は凹凸がはっきりしてかえって迫力がありますね。

こうだったらな~、ああだったらな~っていうのがたくさんありますんで、今年の運はまだまだ使い果たしてはいないようです^^まだやっと2月も始まったばかり、これからどんな風景をサロベツは見せてくれるか、楽しみです^^

キーワード

2018年2月2日 | テーマ:サロベツの風景 | コメントは受け付けていません。 |

このページの先頭へ