悩める宿主

原因はこの雪壁目立つよね・・・平昌オリンピックが始まって世の中はオリンピックモード、テレビでも競技の様子が流れておりますが、何だか浮かぬ顔の宿主は上の空です。宿主に気を使ってブログに書いておりませんでしたが書いても良いというので・・・。

数日前のこと、二人で豊富の街に買い物に出かけようとしたとき、車を出すにはハンドルを切り返さなければならなかったのですが、雪の壁だからまあいいやという安易な気持ちで宿主は車の横を雪の壁で擦ったのであります。けっこう大きな音がしたぞ~と思いながらもそのまま出かけて、目的地で降りてふと車を見たら…な~んとボッコリかなり凹んでいました。雪だと言っても降り積もってかなりたつと圧縮されるし凍って固くなるしで、車のドアなんて簡単にへこませてしまうんですね。

昨日は稚内に行って、へこんだところをたたいて少し戻してもらいました。でも3千円ではこれで限界です。ちゃんと直すには、何万もかけてドアを取り換えないといけません。車も相当距離を走っていますので、いつ買い換えようかというときに、修理にそんなにお金をかけていいものか??保険を使っても次の年はかなり保険金が高くなるし。オリンピック開会式を横目に保険金を計算して悩みまくる宿主。

もうこのまま修理せずにおいておこうかな~。でもそうするとなんだか車を手入れする気が失せて、ボロボロになっていきそうだし。保険金を使って修理しようか。使わずに修理しようか。あ~どうしよう。ちゃんとあの時切り返しして車を出せばよかったのにな~。後悔しても後の祭り。悩める宿主、オリンピックが終わるまで結論は出るのでしょうか。

キーワード

2018年2月10日 | テーマ:暮らしの中で | コメント(4) |

このページの先頭へ