夢は林の中のホワイトガーデン

私道入口の湿地夢はホワイトガーデンだいぶ葉が大きくなってきたのだけど、まだ私道入口付近の湿地には水芭蕉がたくさん咲いていて、お客さんが「水芭蕉を求めて尾瀬とか行ったりするけど、ここでこんなにきれいに咲いているなんてびっくり」と言っていました。ここら辺では水芭蕉は雑草のようなもんですからね~。

オオバナノエンレイソウやニリンソウも、いわば雑草のようなものですが、帯広の六花の森で林の中に咲くエンレイソウの大群を見てすっかり心を奪われ、ひそかに我が宿の林もプチホワイトガーデンにしようと企んでいる私。

オオバナノエンレイソウニリンソウ昨年その計画を実行に移すべく、周りからオオバナノエンレイソウやニリンソウを移植してみたんだけど、昨年移植したのがちゃんと根付いて、つぼみが膨らんできたのでもううれしくて仕方ない^^ 六花の森のようなホワイトガーデンには程遠いけど、千里の道も一歩から。今年も頑張ってみようっと。

キーワード

2018年5月8日 | テーマ:畑と花壇 | コメント(2) |

コメント

コメント

  1. rk より:

    水芭蕉は雑草のようなもん w

    早くホワイトガーデンになるといいですね。
    自分はヒガンバナ(曼珠沙華)で赤一色に染めたいのですが、思ったとおりに増えてくれません。^^;

  2. あしたの城 より:

    お~、ヒガンバナで赤一色、いいですね~。ここではヒガンバナは見ないので、育たないんでしょうね。
    オオバナノエンレイソウは、種から芽が出て花が咲くまで10年かかるそうです。自然と増えるまで待つには、もう私は年を取りすぎているので、あちこちから移植してこようと思っています。
    今日はお隣さんが遊びに来たので、また移植してもいいですかって聞いたら、どんどん持っていけ!って言ってくれたので、また移植しようと思っています。
    ヒガンバナはどういうふうに増やすか知らないけど、増えればいいですね~。


このページの先頭へ