道路中央にシカが倒れていて

一日違いで無事に雪にあわず帰ってきましたが、実はそれ以外にもあわや!という出来事がありました。留辺蘂から丸瀬布へ行く途中の道だったと思うんだけど、それなりに交通量があった道路で、シカがはねられて道路中央に倒れているところに出くわしました。

シカははねられたばかりでまだ頭を動かしながら、ど真ん中に横たわっています。宿主は横を通り過ぎることができましたが、倒れている場所が違っていてしかも対向車が来ていたら、避けきれず乗り上げてしまう可能性もあったなあ、と言っていました。ちょっといったところで車が路肩に止まっていましたから、その車がはねてしまったのかもしれません。

最近は高速道路でタイヤが落ちていて、それがもとで亡くなった方もいますし、いろんな事件も起きてますから気をつけて運転しようって言っておりましたが、シカが道路上に倒れているって言うのも、北海道らしいと言えば北海道らしいですね。何が起こるか分からないので、日々気をつけて運転したいと思います。

キーワード

2017年10月24日 | テーマ:暮らしの中で | コメントは受け付けていません。 |

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ