一番好きな本を書いた人が

今日と明日は貸し切りです。貸切になると夕食もお客さんの好きな時間に合わせるので、今日は夜8時からです。差し入れのケーキとかもいただいて、のんびりしています。ということで、さっきちょこっとネットニュースを見ていたら、児童文学作家の佐藤さとるさんが亡くなったことを知りました。子供のころから本は読む方だと思うのですが、小学校4年生の時に読んだ「誰も知らない小さな国」が、いまだもって私の中の一番です。もちろん面白いと思った本はいっぱいあるのですけど、この作品は別格、特別ってとこですね。淋しいな。

キーワード

2017年2月17日 | テーマ:暮らしの中で | コメントは受け付けていません。 |

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ