サロベツ原野と月

サロベツ原野と月朝起きると花壇の端などに雪が降った痕跡は残っておりましたが、すぐに溶けてしまい、日差しが出て天気は良くなりました。でも相変わらず冷たい風が吹いていました。

宿主に侵食してきた林の中の笹を刈ってもらって、あちこちから出てきた木の赤ちゃんを抜いて回りました。クロッカスや、オオバナノエンレイソウ、ニリンソウなどを植えたところです。何もしないでおくとあっという間に笹だらけになって木が生えてくるので、手入れをしていないようで地道な手入れは必要です^^

3時半ごろにはもう日暮れの感じで、家に帰ってお茶を飲んでいたら、サロベツ原野が斜光線で赤くなって、月がきれいでしたので写真を撮ってみました。風はまだありましたけど、昨日はごうごう音をたてて吹いていたので、何だか静かな秋の夕暮れと言う感じでした。

キーワード

2017年10月31日 | テーマ:サロベツの風景 | コメントは受け付けていません。 |

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ