あっという間に雪が溶けてきました

利尻と渡り鳥利尻とサロベツ原野ガアガアと言う鳴き声で目が覚めると、ちょうど日の出のころでまだ5時前でした。日中、急に声が大きくなったなと思ったら、宿のすぐそばを飛んだり、まさしく宿の上空を飛んでそれがスターウォーズのオープニングを思い出させたりして、なかなか楽しませてくれました。

最初の利尻が大きいのは、ちょこっとガンが写っています。そして二枚目の原野の写真は、空に、ごみのようにガンが飛んでいるのが写っていますよ^^

丸い花壇雪が溶けてきた裏庭毎日風が強く、その摩擦熱であっという間に雪が溶けていきました。丸い花壇もついにその姿を現しました。雪が早く溶けたところから出てきているチューリップの芽、そして押しつぶされてぐっちゃりとなっているパンジー、パンジーはここから復活を遂げて株を大きくしていくのですから、すごい生命力です。裏庭もだいぶ雪が溶けてきましたが、花壇にしている辺り、雪解け水が溜まっています。宿根草が植わっている所も水没してしまっていますが…、きっとまあ大丈夫だと思います…。

キーワード

2018年4月18日 | テーマ:サロベツの風景 | コメントは受け付けていません。 |

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ