焚き付けがいっぱい

薪割り3連休を過ぎるとお客さんも一人とか二人、来週になるとゼロの日がほとんどでありますが、そうかと言って雪が降るまではなんだかんだと忙しい宿主であります。

今日も朝のうちは利尻が見えて何とかお天気が良かったので、薪作りでした。昨年いっぱいもらった原木、全部薪にできないで置いてあったのを、数日前から機械で割って薪にして積み上げています。割っていくと、木の皮もはがれていっぱい屑のようなものができます。しかし木の皮はよく燃えて焚き付けに良いので、屑とはいえ大事なのであります。

今日も夕方から屑薪で部屋を暖めました。火の気がないと寒いけど、屑薪でじゅうぶんあったまるからいいでしょう。お客さんもストーブのそばでのんびりしておられました。

キーワード

2017年10月14日 | テーマ:薪ストーブ | コメントは受け付けていません。 |

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ