タチギボウシがいっぱい

幌延ビジターセンター遊歩道 8月に入ってようやく晴れた日が続くようになり、久しぶりに幌延ビジターセンターに行きました。ヤマドリゼンマイは早くも茶色がかって来ています。

タチギボウシの群生 タチギボウシの密集地があるのを知りながら、いつもなんだかんだと盛りを過ぎて枯れた後に来てしまう私。今年は何とか花の時期に間に合いました。

タチギボウシ でも、4~5日早く来ていれば、もっとキレイな花の状態を写せたんだけどな。

タチギボウシの群生2 幌延ビジターセンターには、タチギボウシがいっぱい咲いているけど、花の色が地味なので、エゾカンゾウのようにもてはやされません。サロベツの盛夏を代表する花のひとつなのに、不遇ですね。

ノリウツギ ノリウツギも原野の中で目立っていました。

クサレダマ クサレダマは咲き出したばかり。

サワギキョウそのほかに、サワギキョウやナガボノシロワレモコウなど、晩夏を思わせる花も、ちらほら咲き出していました。

ブックマークに登録  このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

キーワード


2009年8月7日 | 撮影ポイント:幌延ビジターセンター |

このページの先頭へ