秋の原始砂丘林

ミズナラのトンネル海岸から入る原始砂丘林の、出入り口にある、背丈が低いミズナラのトンネル、葉っぱが茂っているうちに行きたくて、紅葉の見ごろには早いけど、出かけてみました。

葦原と沼葦が黄金色というか、何とも言えないいい色になるには、まだ少しばかり早いのです。

長沼だけどこの日は穏やかな良い天気で、沼に映る空や雲は、本当に美しいものでした。水面の下に別の世界が広がっていても、不思議じゃないような気がします。

名もなき沼木々も紅葉しているものがあり、この風景は一日中眺めていたいものでした。

ぬかるみ今年は雨が降る日は少なかったものの、一度降り出すと豪雨で、水の量自体は昨年よりありました。長沼の横の道は、かなりぬかるんでいました。

倒れた大木の根っこ巨大な土の壁、倒れた巨木の根っこについている土です。面白い自然の造形です。

全身食痕だらけ全身穴だらけの木もありました。周りの木は全くあいていないのに、この木には虫が入っていたんでしょうね。集中砲火を浴びたようでした。

ミズナラのトンネル原始砂丘林に別れを告げて、またミズナラのトンネルをくぐって海岸に戻ります。

利尻島トンネルを出ると、目の前には利尻がきれいに見えていました。原始砂丘林の閉ざされたような世界と対照的に、開放的な牧草地と利尻でした。

ブックマークに登録  このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

キーワード


2010年10月7日 | 撮影ポイント:原始砂丘林 |

このページの先頭へ