海岸に咲く花

日本海側を北上する通称「オロロンライン」は、ドライブコースに最適、ライダー、チャリダー、トホダー(!)に絶大なる人気を誇っています。中でも道々106号線(天塩~稚内)は、晴れていれば海上に利尻島が大きく見えて、道路の左右には、季節になると色とりどりの花が咲きます。

花の開花時期は同じ種類の花でも、サロベツ湿原より少し早目です。気持ちよく突っ走って行くのもいいけれど(パンダ車に注意)、時には止まって小さな花にも目を向けてみよう。

代表的な花の種類と開花時期

ハマハタザオ

5月下旬

ハマハタザオ

ハマエンドウ

6月上旬~7月下旬

ハマエンドウ

エゾカンゾウ

6月中旬~7月上旬

エゾカンゾウ

オオバナノミミクサ

6月中旬~7月上旬

オオバナノミミクサ

エゾシシウド

6月下旬~7月下旬

エゾシシウド

ハマナス

6月中旬~8月下旬

ハマナス

スカシユリ

6月下旬~7月中旬

スカシユリ

ナワシロイチゴ

7月上旬~7月下旬

ナワシロイチゴ

ハマヒルガオ

7月上旬~8月中旬

ハマヒルガオ

コウリンタンポポ

7月中旬

コウリンタンポポ

タンポポモドキ

7月中旬

タンポポモドキ

カワラナデシコ

7月中旬~8月中旬

カワラナデシコ

ツリガネニンジン

7月下旬~8月上旬

ツリガネニンジン

エゾミソハギ

8月上旬

エゾミソハギ

撮影場所は、道々106号線の、稚咲内から稚内までの地域です。

このページの先頭へ