春の原始砂丘林

原始砂丘林の中の沼 今年は4月になってからの気温が低くて、季節は10日ばかり遅れています。本当はゴールデンウィークの最中に見られる風景です。

エゾエンゴサクが咲く道 原始砂丘林南側に入ってみました。遊歩道の脇には、エゾエンゴサクが咲いていました。

ヒメイチゲ 小さなヒメイチゲも咲いています。

ツバメオモトのつぼみ つぼみをつけたツバメオモトもありました。

湿原 湿原は、葦の芽が出始めたばかりです。雪融けの春水もタップリあります。秋にはもう水はありません。雪が解けたばかりの、春ならではの風景です。

遊歩道をふさぐ倒木 北側の遊歩道は、倒木がずいぶん整理されて歩きやすくなりましたが、南側の遊歩道はまだまだ倒木が多いです。でもそれが、いいフンイキなんですけどね!

キーワード


2010年5月15日 | 撮影ポイント:原始砂丘林 |

ゴールデンウィーク前半のサロベツ原生花園

サロベツ原生花園とレストハウス 今年は全国的に3月4月の気温が暖かくて、桜の開花は早目だといいますが、北海道の北の果て、サロベツ原野では、例年並みの気温の移り変わりです。

ホロムイツツジのつぼみ ゴールデンウィーク前半のサロベツ原生花園は、雪が溶けてその春水が引いたばかりです。まだ雪がちらつく日もあるけれど、寒さにも負けず、ホロムイツツジの蕾がついていました。

ヤチヤナギ 花とは思えないヤチヤナギの蕾もあります。

ゴールデンウィークのサロベツ原生花園 葦の芽吹きもまだで、まだまだ春は先のような気がするけど、この茶色いじゅうたんの下では、地味な地味な色の、早春の花が咲く準備をしているのでした。

キーワード


2009年4月27日 | 撮影ポイント:サロベツ原生花園 |

このページの先頭へ