春の原始砂丘林

原始砂丘林の中の沼 今年は4月になってからの気温が低くて、季節は10日ばかり遅れています。本当はゴールデンウィークの最中に見られる風景です。

エゾエンゴサクが咲く道 原始砂丘林南側に入ってみました。遊歩道の脇には、エゾエンゴサクが咲いていました。

ヒメイチゲ 小さなヒメイチゲも咲いています。

ツバメオモトのつぼみ つぼみをつけたツバメオモトもありました。

湿原 湿原は、葦の芽が出始めたばかりです。雪融けの春水もタップリあります。秋にはもう水はありません。雪が解けたばかりの、春ならではの風景です。

遊歩道をふさぐ倒木 北側の遊歩道は、倒木がずいぶん整理されて歩きやすくなりましたが、南側の遊歩道はまだまだ倒木が多いです。でもそれが、いいフンイキなんですけどね!

キーワード


2010年5月15日 | 撮影ポイント:原始砂丘林 |

春水にやってくる水鳥たち

清明川の氾濫 あしたの城がある豊徳地区のサロベツ川も、春になると雪融け水で氾濫しますが、豊徳地区の北にある庄内地区も、清明川が氾濫して、大規模に春水がつきます。

春水のついた牧草地 牧草地が水没して、農道は湖水の上を走る道路のようになります。酪農家の人にとっては、あまり嬉しくない事だけど、旅行者にとっては珍しい風景です。

水鳥 春水がつくのは1週間ばかりです。その間にたくさんの水鳥たちがやってきて、とても賑やかです。

白鳥 白鳥もたくさんやってきます。餌付けしている道北のクッチャロ湖や大沼の白鳥の数には及ばないけれど、人擦れしていない野生のままの白鳥たちが見れるって感じかな。

利尻山と水鳥 農道に車を止めて、気楽にバードウォッチングと写真撮影が出来る、春水がつく間だけの期間限定ポイントであります。

キーワード


2009年4月14日 | 撮影ポイント:庄内地区 |

雪融けのサロベツ原野

道々444号線脇の残雪 昨年の雪融けが非常に早かったので、今年は遅いように感じられますが、これが平年並みの進み具合のような気がします。

春水のついたサロベツ原野と利尻山 道路わきや林間には雪が残っていますが、原野の雪はほとんど解けてきました。原野についた春水に、真っ白な利尻が映ってゆれています。

エゾシカ 写真を撮っていたら、エゾシカが原野を横切っていきました。こらあ!木道以外を歩いちゃいかんぞ!!

キーワード


2009年4月11日 | 撮影ポイント:道々444号線 |

春水がついた牧草地

宿から見た牧草地の春水 山や原野の雪が解けて雪解け水が川に流れ込み、増水して氾濫している様子が、宿のベランダからよく見えます。サロベツ原野の春の風物詩です。

農道 昨年は雪が少なくて、あんまり春水がつきませんでしたが、今年は2月に雪がたっぷり降ったので、大量の春水がついています。冠水した牧草地を通る農道は、さながら湖を渡る道路のようです。

春水のついた牧草地と利尻 本来は「牧草地と利尻山」と言う風景ですが、今は「巨大な湖と利尻山」と言う風景になっています。

春水のついた牧草地 農道から東側を見ても、広大な湖が広がっているように見えます。

春水のついた牧草地 この写真には、あしたの城の建物も豆粒のように写っているのですよ。分かるかな?

水鳥と利尻山 水鳥もいっぱい来ていました。春水のついた風景は、今の時期だけに1週間程度見れる風景です。

キーワード


2009年4月11日 | 撮影ポイント:豊徳地区 |

このページの先頭へ