マイナス17度の朝

夜明け前まだ夜明け前です。風もなく何の音もしない静かな静かな夜明け前です。空には三日月が出ています。

日の出原野の上に太陽が昇ってきました。それをベランダの雪だるまが眺めています。真っ白な雪が、一瞬バラ色に染まります。

樹氷の下を登校マイナス17度まで下がった朝。樹氷が付いた林の下を、スクールバスに乗り遅れまいと、息子が必死に走っていきます。空にはうっすら三日月が残っていました。

青空に映える樹氷太陽が昇っていくにつれて、樹氷がキラキラと輝きます。青空に映えます。

ウサギの足跡木々にも草にも樹氷が付きます。裏庭の、樹氷が付いた草の横に、ウサギの足跡がついていました。

キーワード


2011年1月28日 | 撮影ポイント:宿の庭 |

マイナス18度、快晴の朝

朝もやと利尻 快晴の朝、放射冷却でマイナス18度まで下がりました。霧が出て幻想的です。日が昇ってしばらくした午前7時半過ぎです。

樹氷と利尻 朝日が、樹氷のついた梢の上の部分だけ照らし、そこだけ白く輝いています。

樹氷と利尻 8時を過ぎて、霧が晴れてきて、あたりはすっきり見えてきました。

樹氷と利尻 青い空に真っ白な利尻が映えています。

サロベツ原野の樹氷 サロベツ原野の川沿いに生えている木も、樹氷がついて真っ白です。

民宿あしたの城 宿を見ると、屋根の上の空が真っ青。10時を過ぎるともう雲が出てきて、どんよりしてきました。つかの間の快晴の朝でした。

キーワード


2009年12月26日 | 撮影ポイント:宿の庭 |

樹氷きらめく朝

宿の前庭と林 1年で一番寒い時期にもかかわらず、最近高めの気温が続いていたサロベツ。久しぶりに朝の気温がマイナス15度まで下がりました。

樹氷 宿の前の林には、樹氷が着いています。

私道の周りの樹氷 宿に到る私道も、周りはきらきらの樹氷の中を通る道になっています。

雪面の氷のきらめき 写真に撮るとうまく表現できないのだけど、雪面には氷の粒が朝日に当たってきらきらと宝石のようにきらめいています。

サロベツ原野と樹氷 もうちょっと青空だったら、もっときらきらした写真を撮れたかもしれないのになあ。天気は下り坂で、すぐに空は雲に覆われていきました。

キーワード


2009年2月11日 | 撮影ポイント:宿の庭 |

このページの先頭へ