クマゲラを原始砂丘林の中で見る

春を待つ林の中 スノーシューを履いて、冬の原始砂丘林へ遊びに行きました。出かけたのは、道々444号線より南側へ伸びる原始砂丘林です。

原始砂丘林の中の湿原 遊歩道もあるけれど、冬はスノーシューで好きなところを歩けるので、夏場は入れない細く伸びた湿原を歩いていきました。

クマゲラ クマゲラをはじめて見ました。食痕は今までいくつも見ていましたが、クマゲラ自体を見るのは初めてで、とても嬉しかったです。「キョーン」「キョロロロ」と、鳴き声もよく響いていました。

原始砂丘林 遊歩道を歩かないので、地図の地形を見ながら、砂丘林の中にぽっかり出てくる沼を目指します。

砂丘林の中の沼 沼に着きました。暗い林の中を歩いていると、広場のようなところに出ます。そこが沼です。

ころころ転がって遊ぶのんた君 沼のど真ん中で、ころころと転がって遊ぶのんた君…。

牧草地に出る 地形図を見ながら沼より東に歩き、牧草地に出て、一直線に家を目指して帰ってきました。家の玄関から出て2時間でした。

キーワード


2010年3月11日 | 撮影ポイント:原始砂丘林 |

サロベツ原野の真ん中へ02

冬のサロベツ原野 冬も後半になると、寒気暖気が繰り返しやってきて、雪原の表面がパリッと凍りつき、硬くなります。2月は新雪のラッセルで苦労したのんた君も、雪原の上を自由自在に走り回ります。

凍ったサロベツ川 2月も渡ったサロベツ川、今回は川の中ほどの氷が盛り上がって、割れ目ができているのを見つけました。

御神渡り??!!これは諏訪湖で言う御神渡り現象ですね。その小さなのが、サロベツ川にもできていました。

原野の木 雪原の上をスイスイ歩いていけるので、今日は蛇行するサロベツ川を2回渡り、腰までの高さの潅木地帯を抜け、レストハウスが遠くに見えるところまで行きました。

原野の木02 ポツリ、ポツリとたっている木も、強い北西の風で、みんな同じ方向に曲がりながら、それでも踏ん張ってたっています。

小さな沼の氷一面平に見えるサロベツ原野も、一段下がって、僅かな草も出ていないような所に出ます。小さな名もなき沼です。積もった雪が風で飛ばされて、氷が見えていました。

小さな川の流れ 原野の中の小さな水の流れがあるところか、窪地になっているところも、ありました。まっ平のように見える広大な雪原は、歩いてみると予想以上に変化があるのでした。

キーワード


2010年3月2日 | 撮影ポイント:サロベツ原生花園 |

サロベツ原野の真ん中へ

サロベツ原野 久しぶりに晴れたので、サロベツ原野の真ん中へ行ってみることにしました。ここ2~3日雪がずいぶん降って、スノーシューを履いていても足首まで雪に埋まります。

遅れ気味の、のんた君 のんた君は、楽に歩けるよう私が歩いた後を忠実にたどってきます。でもスノーシューを履いていないのんた君、足がズボズボ雪に埋まって悪戦苦闘です。

凍ったサロベツ川 サロベツ川は凍っていて、その上を自由に歩けます。今までは牧草地の上を歩いていましたが、川を越すと、いよいよ原野のほうへでます。

サロベツ原野 潅木や葦が、雪原の上に出ています。ウサギの足跡があったり、キツネの足跡があったり。

サロベツ原野 天気が良いので、このままペンケ沼まで突っ切って行きたいところですが、ハアハア言いながらラッセルしてついてくるのんた君がバテルと大変なので、適当なところで戻りました…。

キーワード


2010年2月16日 | 撮影ポイント:サロベツ原生花園 |

マイナス9度の朝

葦と利尻富士 放射冷却で気温が下がったのか、日の出の頃はマイナス9度でした。9時半ごろに原生花園へ行くと、葦には霧氷が付いて白く光っていました。

木道と利尻富士 木道は思ったよりも雪があったけど、普通の靴で歩ける程度でした。意外と人が来て歩いているのでびっくりしました。この写真を撮った時間帯にも、人が4人ぐらいいました。今日はいい天気ですもんね。

サロベツ原野と利尻富士 木道には、人以外にウサギやキツネの足跡もありました。人は遠慮して木道以外を歩かないけれど、動物は自由に原野に足跡をつけていました。

動物の足跡 案内掲示板の前にはこんな足跡も。斜めに二つ付く足跡は、テンなのかしらん???

キーワード


2009年12月11日 | 撮影ポイント:サロベツ原生花園 |

このページの先頭へ