嫁に来た時は松嶋奈々子みたいでも!

今日は地区の婦人部が集まって、生活会館を掃除する日でした。掃除はすぐに終わって、そのあとはお昼を食べながら雑談です。いろんな話の中で、やはり話題に出たのは先日から始まったNHKの朝ドラでした。私以外の人たちは、みんな酪農家です。ドラマは北海道の酪農が舞台ですから、録画して見ているという人もいました。

酪農家でない私にはよくわからないことでも、牛があんなにキレイであるはずがないとか、あの時代にロールはないとか、首につけているタグがどうとか、いろいろ言っていましたけど、一番盛り上がったのは人物像の話でした^^

亭主に「酪農家の嫁さんに、松嶋奈々子みたいなキレイな人なんていない」なんて言われて「嫁に来た時は松嶋奈々子みたいだった人でも、ここで30年もたつと、ボロボロになるんだよ!」と言い返した話を聞いたときは、笑ってしまいました。ドラマの設定が30年過ぎても、きっと松嶋奈々子は今のまま、きっと変わらずきれいなままだよ。旦那も今の藤木直人のように、変わらないままだろうよと、酪農家の奥さんたちは言っておりました。

まあ朝ドラは、そんなにリアリティを追求せず、お気楽に見るもんだと割り切っていないと、ダメですよね。みんなもそれは十分わかっているので、あんなカウボーイみたいな爺ちゃんがいるもんかとか、牛舎がきれいすぎるとか、好き勝手に突っ込んで楽しんでおりました。

キーワード

2019年4月3日 | テーマ:暮らしの中で | コメント(2) |



このページの先頭へ