チャリダーにとっては間違えると大変!

道道106号線は人気のある道道で、この道路を走りに来るライダーさんやチャリダーさんも多いのでありますが、天塩から入る時、うっかりすると40号線の方へ行ってしまう人もけっこういます。表示が分かりにくいんです。稚内方面へ行くと40号線に行ってしまい、抜海方面へ行くと106号線に入ります。106号線を通っても稚内に行くので、事前に知らなかったら、ついつい稚内方面へ曲がってしまうのですよね。

昨日、ついうっかりと稚内方面へ曲がってしまったチャリダーさん、気が付いてまた天塩に戻って106号線に入ったので、1時間も時間をロスしてしまったと言っていました。そのまま40号線から行っても時間は1時間以上余分にかかりますが、何よりも106号線を走りたかったんだとか。戻るのは悔しいけど、やっぱり戻らないといけないですもんね。

車やバイクなら、気楽に戻れますけど、チャリダーさんは間違えると本当に大変!天塩までくればあしたの城まであともう少し(と言っても25キロ)、間違えないように気をつけてくださいませ。

キーワード

2017年9月12日 | テーマ:民宿での出来事 | コメント(2) |

コメント

コメント

  1. キサブロー より:

    トホダーで行った20数年前、宮野台展望台さえ寄り道出来なかったです。
    40号線沿い入口の自販機で清涼飲料水買ってもマメだらけの足では展望台には行けませんでした。
    確か水不足でタイ米も米穀店で買えた年だったと思います。
    若くて鍛えていて体力有ればの物種ですが、それなりに衰えてくると5馬力でも良いから動力源が欲しいです。

  2. あしたの城 より:

    歩いたり自転車だったりすると、何キロかの違いは致命傷ですねえ。車だと1キロ1分ぐらいの計算で行けますけど^^
    年を取るほど足腰を鍛えておくのは大事だそうですから、無理をしない程度に歩くのが良いのかも。と言ってここサロベツじゃあ歩いて回れるような距離じゃないしねえ^^;


コメントをどうぞ


このページの先頭へ