オオワシやオジロワシやエゾシカや・・・

運転免許証の更新のための講習を受けに、稚内へ行きました。宿主の運転で道道106号線で行ったのですけど、道路はもう完全に雪が溶けて路面が乾いて、夏道を運転しているようです。周りの雪もずいぶん溶けていました。雪が多かった去年に比べると、一か月は季節が早い感じです。

行くときから、オオワシ、オジロワシ、何羽も見ました。帰りにはエゾシカが群れを成していっぱいいたり、キタキツネがトコトコ歩いていたり、動物をいっぱい見ました。海岸から雪が溶けて草が見えてくるので、エサを求めて海岸に動物が出てくるのでしょうね。

キーワード

2019年3月5日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

エゾリスが窓からのぞき込んで

先日の話ではあるのですけど、朝ご飯がすんで揺り椅子に座って、まったりと光に満ちた原野を眺めておりました。すると、エゾリスがベランダのところにやってきたのでびっくりしました。冬の間もエゾリスが林の中を巡回しているのは見ておりました。でもじっとしていないので、写真を撮るのは難しく、ブログでは紹介しておりませんでした。そのエゾリスが、目の前にやってきたのです。

エゾリスは、ベランダの柱を登ったり下りたりちょろちょろした挙句、窓のそばまでやってきてこちらをのぞき込みました。その可愛らしかったこと!テレビを見ていた宿主も、そ~とやってきてエゾリスを見ていました。エゾリスはそれから裏庭の方へまわって薪山の向こうへ消えていきました。

ヒマワリの種とかそういうものを用意したら、毎日必ずベランダにやってくるだろうし、エゾリスを餌付けしている所もあるけれど、野生動物にはリスも鳥も何もエサはやらないと決めているので、毎日見たいという気持ちは我慢することにします。

たぶんここは毎日の巡回のコースになっているのだろうけど、一日中庭を眺めているわけにいかないし、今日は見なかったな~。東京のミミズクは残念なことになったけど。うちにくるエゾリス君は、野生の中で元気に生きてほしいよ。

キーワード

2019年2月26日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

盛り上がったキタキツネの足跡!

盛り上がったキツネの足跡盛り上がったキツネの足跡アップ気温としてはマイナス11度ぐらいだったので、めちゃくちゃ寒いというわけではないのですが、とにかくまあ風が強かった。なので気温以上に冷え切って、朝起きた時の寒かったこと。洗面所も危うく凍結しそうになりました。

庭についていたキタキツネの足跡、昨日の朝はちゃんと一般的な雪原に凹んだ足跡でした。でも今朝見ると、足跡が盛り上がっています。雪を踏んでそこの部分を圧雪し、周りの雪は風で吹き飛ばされて、結果的に足跡が盛り上がってしまったようになっています。いかに風が強かったかですねえ。

夕方になって風も少し落ち着いてきました。一冬中吹雪いていたんじゃあ生活してられませんもんね。明日はもっと穏やかになればいいな。

キーワード

2019年2月5日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

クルミをくわえたエゾリス

エゾリスエゾリス雪の上をちょろちょろしていたエゾリス、木に登って動かなくなったので、そっと近寄っていくとクルミをくわえています。雪の中から掘り出したんでしょうか??それになんだかこの前見たエゾリスとは顔立ちが違うように見えます。ただ顏が濡れているからかな。

昼からは雨が降りだして、積もっていた雪がだいぶ溶けてきました。これから5度~10度まで上がる日があるみたいだから、全部溶けてしまいそうですね。最高気温が10度と聞くと、暖かくなるんだな~!と思うようになってきました^^

キーワード

2018年11月25日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

冬毛になったエゾリス

冬毛になったエゾリスその1冬毛になったエゾリスその2朝ご飯を食べてまったりしていると、すっかり葉が落ちた林の中をエゾリスが動き回っているのが見えました。テレビを見ていると視界に入って来るのですぐわかるんですよね。そのうち枝に座ってお地蔵さんのように動かなくなってしまいました。双眼鏡で見ると、クルミを拾って抱え込んでいます。これなら近寄って写真を撮れるかなあと思って、望遠レンズをつけて外に出てみました。

冬毛になったエゾリスその3冬毛になったエゾリスその4エゾリスは駐車場に面した木にいます。そろそろと、芝生と駐車場の境目まで近寄ってみましたが、動きません。駐車場に足を踏み入れたら、警戒して立ち上がりましたが、私がそこから動かないでじっとしていると、またすわって、クルミを食べ始めました。カリカリカリカリって音が響いてきました。

前回写真を撮った時に比べて、ずいぶんふっくらしています。耳の冬毛も伸びて色もすっかり冬仕立てになっていました。来週になるとついに雪が降るかもって話ですが、雪が降ってもやって来るかなあ。エゾリスは冬眠しないので、冬も現れると楽しみが増えるんですが。

キーワード

2018年11月9日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

毎日のようにエゾリスが現れる

駐車場に現れたエゾリス駐車場に現れたエゾリス朝まったりと珈琲を飲んでいたら、宿主が駐車場にエゾリスがうろちょろしているのを見つけました。いっぱい落ちているクルミの実を拾っていました。かなり長いこといました。宿主がそのうち庭で缶の分別をしていても気にせずにクルミを集めていました。

駐車場に現れたエゾリス駐車場に現れたエゾリス最近は駐車場に来るときに、落ちているクルミをタイヤが踏んで、パンパンと派手に割れる音が聞こえてびっくりする人も多いとは思うのですけど、せっかくエゾリスがやってくるので、掃除せずに置いておきます^^

キーワード

2018年10月6日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

いろんなお客さんが

昨日から今日にかけて、珍しいお客さんがやってきました。まずは、黒いキツネ!全身真っ黒じゃなくて、まだらに黒い色が入っているキツネです。銀ぎつねとキタキツネの交雑と言われているものではないでしょうか。ベランダの前を通り過ぎて、カメラを取りに行くまもなく笹藪の中に消えていきました。

同じとほ宿の「風景画」さんも、釣り仲間の方と一緒に泊まりに来てくれました。うちから「風景画」さんへ行くというお客さんもけっこういるので、お話だけはよく聞いていました。とても景色が良いというので機会があれば行ってみたいな~と思っていました。同業者ならではの話で盛り上がりましたよ^^

そしてエゾリスもやってきました。のんた君がいなくなって、エゾリスも安心してチョロチョロしています。エゾリスがやってくる宿、というのにしたら?!と「風景画」さんが笑って言っておりましたが、いやいやもう何も餌付けするつもりはないし!偶然の訪問を楽しみにしていることにします。

キーワード

2018年10月3日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

庭でホタルを見つけて大喜び

日中はまだまだ蒸し暑いなあと思ったけど、今日の最高気温は24度、晩御飯の時に窓を開けていると風が涼しくて、サロベツの猛暑は終わったようです。

火星の大接近は、ちょうど居間の窓からでも見えるのですが、みんな外に星を見に行きました。でも薄く雲がかかって星の見え具合はイマイチ、その代わり芝生の庭にホタルが光っていて、お客さんはホタルを見つけて大喜びしていました。私もカメラを持って出てみたけど、ホタルは写せません^^; 皆さん、自分の目で芝生に潜んでいる星を見つけに来てくださいませ。

あ、そうそう、夜の気温は15度ぐらいまで下がっていて、私は気持ちいいな~なんて思って立っていたのですけど、お客さんは寒い寒い、上着を持ってくれば良かった、なんて言っているので、長そでシャツは必要でありますよ。

キーワード

2018年8月1日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

ほのぼのカラスがやってきて

まったりするカラスカラスと言うと威嚇されたりイタズラされたり、あまり良いイメージがないのですが、10日ほど前から我が家の庭にやってくるようになった二羽のカラスは、何だかほのぼの系です。裏庭のいつも同じ場所にやってきて、卵でもそこであっためてるの?って思うぐらい、芝生の中ですわって過ごしています。カラスも木の上で過ごすカラスと草原のカラスと2系統あるそうですから、きっと草原のカラスなんですね。

花壇をごそごそしてても、芝刈りをしていても逃げないのに、カメラを向けると逃げてしまいます。なのでこの写真は、大きな風呂場のマジックミラー越しに撮りました。本当はもっと雰囲気のある写真を撮りたかったのですけど…。

黒いのが庭でまったりしているのを見ると、のんた君を思い出しますね。悪さも何もしないので、このままいい距離を保ってカラスたちと付き合いたいな~。

キーワード

2018年7月27日 | テーマ:野鳥や動物 | コメント(2) |

スズメの恩返しはあるかな

自転車小屋の窓に毎年のように自転車小屋の軒天に少し空いたすきまでスズメが子育てをするのですが、失敗してしまいます。どうも広くないので巣からヒナが落ちてしまったり、カラスにやられたり、自転車小屋の中に入り込んで外に出られなくなってしまうようです。落ちて死んでしまったヒナをよく見る宿主は、あ~今年もダメだったな~と言うのでした。

今年もヒナが自転車小屋の中に入ってしまっていて、はめ殺しの窓にピタリとくっついていました。親鳥が外に出そうと「隙間から外に出て来い」と言っているのか、窓ガラス越しにチュクチュク鳴き交わしても、ヒナは外に出る方法が分からないらしく出られません。

宿主がそれに気が付いて、自転車小屋の扉を開けてやりましたが、ヒナは、いったん下に下がって外に飛び出すということが分からないらしく、やはり出られません。見かねた宿主は、中に入ってヒナを扉の方へ誘導しましたが、それでもヒナはパニックになって天井付近を飛び回るばかりです。

扉を一晩中開けていたのですが、まる一日たって、今日もヒナは窓ガラスにピタリと張り付いていました。親鳥も窓ガラスのところにやってきます。宿主はもう一度外に出そうとすると、ヒナはパニックになった挙句、ぶつかって落ちて、いっぱい置いてある隙間に落ちて、宿主はそこから拾い上げることもできませんでした。

「あ~あ、あのヒナは死んじゃうかな~」と宿主は言っておりました。よっぽど気になって、しばらくして見に行くと、ヒナは隙間からはい出して上に登っていました。衰弱していたのか、今度は宿主が手で捕まえました。見ると本当に飛べるようになったばかりのヒナです。外に出して手を放すと、ヒナは必死になって飛んで、林の中に消えていきました。

親鳥は迎えに来てくれたのでしょうか。体力は回復するのでしょうか。すぐにカラスにやられるかもな~と宿主は言っておりましたが、それはもう自然の摂理、分かりません。宿主は昨日から気になっていたことが解決して、ホッとしたようでした。地獄に落ちて溺れていても、きっと宿主にはスズメが飛んできて救い出してくれるでありましょう。

キーワード

2018年7月25日 | テーマ:野鳥や動物 | コメント(2) |

こっそり見張っていたらしいけど!

ちょっと息抜きに稚内へ出かけました。送迎と地区の行事以外で出かけたのは、一か月以上ぶりです。と言ってどこへ行ったかというと、図書館に行って終わりです。なんだか本の中に囲まれていると落ち着きます。

帰ってくると、宿主が裏庭から出てきました。前庭の芝刈りをして終わったので、裏庭で何の鳥が花壇の中に入っているのか、こっそり見張っていたんですって!でも見張りだしたばかりだったので、何も見なかったそうです。

稚内で買ったアルケミラモリスを仮植えしました。秋にあちこちの花壇の宿根草を植え替えようと思っているので、それまでの仮植えです。植えたり整地したりしながら、ベンチ裏の花壇の様子を見ていたんですが、鳥の出入りはありませんでした。やっぱり巣は作らなかったのかな~。昨日、一昨日は、出入りしていたのに。

キーワード

2018年7月13日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

花壇の中に鳥の巣があるのかな

ベンチ周り中に鳥の巣がある??そろそろ疲れがたまってきて、雨続きの天気からようやく回復しても、何もせず昼間は横になって休んでおりましたが、ようやく昨日から花壇の手入れを始めました。今日はベンチ周りの雑草抜きです。ベンチ周りの雑草やクリーピングタイムの勢いがすごかったので、バッサバッサ切ったり抜いたりしていきました。

で、昨日もあれ?と思ったんですが、今日も、ベンチ裏の花壇のところに、スズメみたいな鳥が入っていくのです。そ~ッと見に行っても、じっと潜んで動きませんし、株をかき分けるのも何だし…、と思って結局は何もせずにしてます。

私にしてみたら、茶色い鳥はみんなスズメに見えます。スズメが地面の上に巣をつくらないような気がするので、何の鳥か分かりません。そもそも巣があるのかどうかも分かりませんが、鳥が出入りしていることは確かです。

そこのところも雑草を抜こうと思っていたんですけど、そこはもう何もしないでおくことにしました。そう、雑草まみれになっても大義名分ができました^^;

キーワード

2018年7月12日 | テーマ:野鳥や動物 | コメント(2) |

野鳥を見に行ってヒグマを見る…

朝早く野鳥を見に行って、朝ご飯のために帰ってきたお客さんが、ヒグマを見ちゃった~なんて軽く言うので、またまた~冗談でしょ~と思っていたら、本当にサロベツ湿原センターで見たんだとか。

今の時期はシマアオジを見るために、朝の5時ごろでも20人ぐらいが木道のところにいるのですが、ヒグマが道道444号線を横切ってやってくるのを見たんだとか。みんな鳥を見るために望遠レンズをつけたカメラとか、双眼鏡とか持ってますからね。ヒグマは人間がいるのに気が付くと、すぐに引き返したそうで、木道にいた人たちも冷静だったそうです。

砂丘林にいるとか、昨年も牧草地を横切っていたとか、情報はよく聞くのですが、ここら辺の人の生活エリアに入ってきてヒグマが何かを荒らすとか食べるとかの被害はありません。だからお互いに共存共栄しているわけです。お客さんが撮ったヒグマの写真を見せてもらいましたけど、けっこう立派な熊でした。

お客さんは肝心なシマアオジは見られなかったそうで…、でもシマアオジを見た人はたくさんいるけど、湿原センターでヒグマを見た人はまず聞きませんから、まことにレアな体験をされました。でもやっぱりシマアオジを見に来たのですから、ヒグマよりシマアオジを見るほうが良かったですよね!

キーワード

2018年6月26日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

悩んでいる間に買われちゃった

アカゲラのブローチキビタキのブローチサロベツ湿原センターで、6月11日から7月10日まで鳥類のブローチ展示会をやっているのです。ラブバードテルアキの名で日本野鳥の会から発売しているので、知っている人も多いのでは。先日原野の写真を撮りに行ったときに見て、欲しいなとは思ったんだけど、けっこう値段はする!

シマアオジは買いたくない気がして、うちに来るキビタキかアカゲラがいいなあ、と思って見ていたものの、お金は持っていなかったし、やっぱり高いし、などと思いながら1週間が過ぎ、昨日キビタキが死んでしまったのをきっかけに、やっぱり買おう!と思って出かけました。

キビタキもアカゲラも、そんなものどこででも見れる!なんてうちに来るお客さんは言っているので、売れていないだろうと思っていくと、自分が欲しいと思っていたキビタキのデザインが売れているではないですか!センターの人の話では、2~3日前に売れたらしい。あれま~!

悔し~と思う勢いで、結局アカゲラと違うデザインのキビタキ二個を買いました^^ アカゲラは居間に、キビタキはプライベートルームにちょっと細工して壁につけました。1週間も悩まずに買えるぐらい儲かっていたいな~。でも今年の予約状況はさっぱり。

キーワード

2018年6月21日 | テーマ:野鳥や動物 | コメント(2) |

キビタキが窓にぶつかって

朝、キビタキが窓にぶつかって死んでいました。キビタキなんて珍しくないって、シマアオジを見に来るお客さんには言われるのですけど、庭の林に毎年やってきて、見てもきれいだし鳴き声も良いし、宿主も私も大好きな鳥なのです。だから、死んでしまってがっかり。

ちょうど獣医さんが泊まっていて、宿主が「蘇生させて!」なんて無茶な注文をしておりましたけど、獣医さんと彼女は、持って帰ってはく製にしようか真剣に悩んでいました。彼女も、野鳥にとても詳しい人なのです。

このままおいておいても土に返すだけなので、何かの役に立つなら持って帰ってもいいよと言ったら、冷やして持って帰れないので…、と言うことで、獣医さんは丁重に土に埋めてやっていました。羽の色で、昨年生まれた若鳥だと教えてれました。短い命だったけど、最後は丁重に埋葬してもらって良かったね・・・。

キーワード

2018年6月20日 | テーマ:野鳥や動物 | コメント(2) |

エゾセンニュウの鳴き声が庭に響き渡る

今日は暑いな~と思ったら、最高気温が20度になっていました。帯広や北見では、昨日から30度を越してかなり暑そうですが、ここサロベツも、20度になったらたいした暑さです^^ 海岸では気の早いエゾカンゾウが、1本2本と咲いていました。あんまり早くにつぼみを出すと、霜でやられちゃうよと言ってやりたいです。

もう晩春ではなく初夏かな~と思いながら庭に出ると、野鳥たちの鳴き声がこだましています。本州から来る人たちに人気なのがエゾセンニュウです。庭のあちこちで、競い合うように鳴いていました。エゾセンニュウもシマアオジと同じく数が減るのではと言われているので、毎年こうやって鳴いてくれるとホッとします。

エゾセンニュウは笹藪の中で、そして林では、キビタキやツツドリ、アオバトの鳴き声がします。宿についてのお客さんの過ごし方は様々ですが、せっかくなら庭のベンチで、ベランダで、野鳥の鳴き声を聞きながら夕食や朝食までの時間を過ごすのも良いのではないかと思います。

キーワード

2018年6月6日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

利尻では熊かあ・・・

昨日は稚内でシカが堂々と歩道を歩いているのを思わず二度見してしまいましたが、稚内でシカが出没するのはけっこうメジャーです。それ以上に今話題になっているものと言えば、利尻島に出没したヒグマです。

今のところヒグマ自体は目撃されておらず、足跡とか糞です。夕日ツアーに行って利尻を見ながら、昔、ヒグマが泳いで利尻島に渡って、着いたと思ったら漁師に撲殺された、という話をすることがあるのですが、その時以来106年ぶりの出来事だそうです。後々にまた話題になる歴史的なことに遭遇しているんですね。

今日はとっても天気が良くて、話題の利尻島はとてもきれいに見えました。ここらへんにいるヒグマはあまり気にならないけど、泳いで渡ったヒグマは気になります。しばらく地方紙を賑わせそうです。

キーワード

2018年6月1日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

エゾシカが歩道を行儀よく歩いていた…

用事があって稚内に行った帰り、南稚内付近の40号線を走っていたら、なんと向こうからエゾシカが5頭ばかり、悠然と歩道を歩いてくるではないですか。一応稚内の中心地区です。思わず通り過ぎて振り返ってしまいました。

ちょうど信号でこちらは止まったのでさらにシカの行方を見ると、シカは道路を渡っております。稚内の知人が、横断歩道を渡るシカの写真を撮っていて、それがまた赤信号を無視して渡っているというものでありましたが、今日は横断歩道でない所を渡っていました^^; 歩道を歩くのは立派ですが、交通ルールをもっと教えてやらねば・・・!

キーワード

2018年5月31日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

挑戦したビデオがひどい出来でお蔵入りにします^^;

原野の上空を飛ぶマガン近づいてくるマガンここのところ4時半ごろに起きて、サロベツ原野の上を飛び交うマガンを部屋から眺めて楽しんでおります。やっぱり写真に挑戦するのだけど、飛んでくるスピードが速いので、ブレブレです。そうしてようやく、ビデオを撮ってみよう!と思いつきました。でもビデオってあんまり撮ったことがないんですよね。

昼過ぎに町へ行った帰り、ちょうど原野のど真ん中で、次々と飛来してくるマガンの隊列に遭遇しましたんで、いつも持っているコンパクトデジカメで、ビデオにして撮ってみました。するとまあ!慣れてないんで、これがもうひどい。

だいたい撮っている最中からにして、液晶が暗くて、写っているんだかどうなのか分かんないしピントが合ってるかどうかも分かんない。次々と群れが飛んでくるので、どれをとらえようか画面は迷って大揺れしてるし。あとからパソコンで見て、がっかりしてしまいました。いつも一眼のファインダーをのぞいて撮影してるので、コンデジは難しいもんですね。

とまあそんなところで今日は朝撮ったブレブレの写真をUPして終わりです。もうちょっとマシなビデオが撮れたら、UPしたいな~。

キーワード

2018年4月26日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

快晴無風で利尻と渡り鳥の群れがきれいでした

日の出のころとマガンの群れ利尻と春水とマガンの群れ鳥たちは日の出とともに活動が活発になるので、最近は4時半過ぎに一度目が覚めてしまいます。今日も目が覚めて窓の方を見ると、カーテンが赤い。ということは今日は良い天気っぽい!急いでカーテンを開けると、雲海のように霧がかかって快晴無風、あちこちでマガンの群れが飛び交っています。これは写真を撮りに行こうと思い立って、パジャマの上にスキーウェア上下を着て(!)車に乗って出かけました。

なんとも言えない空の色と、斜光線に照らされた中を、マガンたちは飛んでいました。全く風がないので、春水に利尻がとてもきれいに映っていました。

利尻と春水とマガンの群れ利尻と、マガンと白鳥朝ご飯を食べて、8時半ごろにもう一度出かけると、わずかに風が出だして、春水は波が立っていました。マガンや白鳥が群れて飛んでいるのを見ると、焦って写真を撮ろうとするし、望遠レンズをつけたらそれで撮り続けるしかないので、もうちょっと構図をこうしたいなあとか、斜めになっちゃった、とかいろいろあるんだけど、雰囲気を楽しんでもらえればいいかな!と思います^^

キーワード

2018年4月23日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

ヒッチコックもびっくり!

白鳥とマガンの群れ宿と白鳥とマガン朝のうち白鳥が列をなして飛んでいて、きれいだな~と思っていたら、宿の目の前の春水がついて湖になっている所にきていました。昼間用事があったので、夕方ではありましたが見に行ってみました。白鳥は近づいても逃げないですけど、辺りにいるマガンの群れはしょっちゅう群れを成して飛んでいます。

利尻とマガンの群れ宿とマガンの群れ白鳥を見に行ったのですけど、やはり大群で目の前を飛ぶマガンの方に圧倒されました。写真に写っている遠くに見える家は、民宿あしたの城ですよ。いつも宿から見下ろしているマガンの群れを、今日は下から見上げているって感じですね。

いよいよ今週末27日から営業再開です。GW前半に来る方はこんな風景を見られるかも。マガンの大群は時間によってもいる場所は違いますけど、サロベツのどこかにはいるでしょう。まだまだ部屋は空いておりますので、皆様の予約をお待ちしておりますよ。

キーワード

2018年4月22日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

渡り鳥の大群を撮りたいんだけど…

厚い雲に覆われて全く太陽は出ていないのに、気温が6度もあったりすると、春を感じますねえ。そんな中、渡り鳥の飛来はピークに近づいてきているそうです。居間から見える目の前の牧草地にはあまりいませんでしたが、今日は宿のすぐ近くを大群が何度も通り過ぎていきました。

群れによっては、崖の向こうの道道444号線近くを東から西へ飛んでいくものもあれば、宿のすぐ上を北から南へ飛んでいくものもあります。この北からやってくるのが圧巻で、居間の窓から見ると、真上を飛んで過ぎ去っていくのが昨日も書いたように、どうしてもスターウォーズを思い出してしまいます。

写真を撮ってやろうと思ってカメラは用意しているんですけど、いつやってくるか分かりません。騒がしい声が聞こえてきたと思ったら、あっという間に飛びぬけてしまうし、写真を撮るのはあきらめました。今日は昼ご飯を作っているときに一番の大群がやってきて、作るのをやめて台所の窓から見上げておりました。これはもう住んでいるものの特権と言うことですね!

キーワード

2018年4月19日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

渡り鳥の群れがやってきた

ベランダから見たサロベツ原野方面マガンの群れベランダから見た雪が溶けたばかりのサロベツ原野方面です。牧草地に黒いゴミみたいなものが点々とついているように見えるのが分かりますか?今年も渡り鳥の群れがサロベツにやってきました。いろんな種類がいるのでしょうけど、マガンが多いように思います。

ずっと渡り鳥の休憩地点は下サロベツの方に多く居て、目の前の牧草地にやってくるようになったのは、この2~3年です。酪農家の人にとっては大迷惑でしょうけど、自分たちにとっては…、見ている分にはちょっとうれしい(農家の皆さんゴメンナサイ)明け方とか、ガアガアとやかましく鳴き声が聞こえてきます。でもある日突然いなくなるので、やかましさも今だけだと思うとそんなに嫌ではないです。

群れを眺める宿主マガンが多いかそれよりも皆さん、最初の一枚、ブルーキャットミントが、がっさりと無い部分があるの、お気づきですか?どうやら冬の間、ネズミかモグラの被害にあったようです。悲しいよう!!

キーワード

2018年4月17日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

シカにキツネにアライグマ!

シカの群れ道道106号線今年は雪が多くてまだまだ地面が見えてくる気配がないサロベツです。そうは言っても日の出の時間が早くなって、ずいぶん左の方から上がってくるのを見ると、季節は確実に移ってきているなと感じます。

稚内に出かけた帰り、道道106号線を走っていると、アライグマにエゾシカの群れ、キツネも見ました。アライグマはタヌキに似ていますけど、尻尾が見事に輪っか模様になっていたので分かります。エゾシカも久しぶりに群れでいるのを見ました。

エゾシカはこっちに気が付いていると思ってスピードを緩めずに過ぎようとすると、いきなり飛び出してくることもあるので要注意です。過去二度ばかり痛い目にあっているので、宿主は徐行してそばを通りました。おかげで写真が撮れました^^

春先は、一番に雪が溶けてくる海岸線で、牧草などの新芽を食べようとしてエゾシカの群れに遭遇することが多いです。まだまだ雪が多いですけど、エゾシカの群れを見ても、やっぱり春の兆しを感じます。

キーワード

2018年3月11日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

久しぶりにオオワシやオジロワシを見た

宿主が野暮用で稚内に行く用事があったので、一緒にくっついていきました。すると今日は106号線で、オジロワシやオオワシを4羽も見ました。かつては106号線を通るたびに冬はよく見かけていたのですけど、今年はなかなか見ないなあと思っていました。サブ機で小さいデジカメを買って常に持っているのですけど、さすがにそれでは悠々と空を飛んでいるワシは撮れませんでした^^

キーワード

2018年2月9日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

今度はタヌキ!

タヌキ客室から見た利尻先日は車から雪面にダイブするキツネを見たのでありますが、カメラもなくびっくりするばかりで通り過ぎました。今日も稚内へ行くことになり、利尻が見えていたこともあって、カメラを持っていくことにしました。なんか出てくればいいかな~と思って。

するとさっそく、稚咲内へ行くまでに道端のすぐそばにタヌキがいるのを見つけました。タヌキはキツネと違って何となくおっとりした感じで、どことなく動きがユーモラスなんですよね。こちらをじっと眺めた後、のこのこと逃げていきました。

オオワシやオジロワシも出てこないかな~って思いましたが、全く見かけませんでした。冬に道道106号線を走るときは、必ず見かけていたのに、数が少なくなってしまったのでしょうか。綺麗に見えていた利尻も、昼前には雲に覆われて時折雪が降る天気になりました。

キーワード

2018年1月13日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

雪にダイブするキタキツネを目撃する

夜中は風が強く吹いておりましたが、朝起きると風は収まり、雪も止んですっかり穏やかな天気となっておりました。年末に借りた図書館の本の返却が気になっていたので、明日は用事があったし、稚内へ出かけました。お昼を食べてたら宗谷本線が終日運休になっているとお店の人が言っていました。こちらはこんなにいい天気なのにね。

帰り、道道106号線を通っていたら、キタキツネが道路わきの雪原にいるのに気が付きました。キツネが雪原をじ~ッと見ているな、と思って私も何気なく見ていたら(運転手は宿主です^^)いきなりキツネが上にジャンプして雪面にダイブ、ズボッと体が半分以上埋まってビックリ!もうまるで刺さっているみたいでした。

写真とかテレビとかで、雪の下にいるネズミを捕ろうとしてキツネがダイブする様子を見たことがありますが、実際に見るのは初めてでした。キツネが刺さった(!!)横を、車は走りすぎて、その姿はすぐに後ろに流れて消え去ってしまいました。あのキツネは、獲物を捕ることができたんでしょうか。なんか気になりますね^^

キーワード

2018年1月10日 | テーマ:野鳥や動物 | コメント(2) |

鳥がいっぱい林に現れる

アカゲラ嵐の前の静けさか、先日のクリスマス猛吹雪の時と同じように、気温が上がって風もなく静かな一日でした。成人式で着物を着るには、雪が溶けて裾がドロドロになりそうで気の毒です。天気にやきもきした娘の成人式を思い出しました。猛吹雪になるよりかは良いですかね。

日によっては全く鳥の影も見えない日がありますが、今日はアカゲラだのカラ類だのたくさんの鳥が家の前の林に来ていました。宿主は数年前に海岸で、シカの大群を見たそうです。考えてみれば、猛吹雪になる前日だったんだとか。鳥も動物も吹雪く前にエサを捕っておこうってことかしらん。うちは米も肉も越冬野菜もあるから、食料の備蓄は大丈夫だな^^

キーワード

2018年1月8日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

タンチョウ家族とナベヅル

丹頂家族とナベヅル丹頂家族とナベヅル快晴の朝でけっこう強い霜が降りていました。こんな日は暖かくて良いお天気になるんですよね。久しぶりにすっきりと晴れた利尻を見て、利尻とタンチョウヅルを撮りに行こう!と出かけました。マガンやヒシクイがあれだけいっぱいいたところも、ほとんど鳥はいませんでした。もう北の方へ渡っていたんでしょうか。この前丹頂がいたところもがら~んと牧草地が広がっているだけです。

で、思い当たるところをぶらぶら適当に走り回って、最後に行ってみたところに…、いましたいました。シマアオジと違って大きいですから、すぐに分かって素人には良いですね^^ だけどすぐそばにきれいな利尻が見えているのに、利尻を背景にしてはいませんでした。残念!

丹頂家族とナベヅル秋のサロベツ原野と利尻でもまあいいやと思って写真を撮っていると、あれれ、体が黒いのがいる!と気が付きました。サロベツの動物や野鳥の写真を撮っている富士元寿彦さんのブログに、丹頂家族と一緒にいるナベヅルがいるって書いてあるのを読んでいたので、あ~これなんだ、と思いました。私は富士元さんのブログは毎日見ていて(ファンです!)ナベヅルも見てみたいな~と思っていたので、うれしかったですよ。富士元さんも撮りに来ていましたね。

昼からは花壇の片づけをしました。宿主は薪作りがけっこう進んでいて、なんちゃってビニールハウスの撤去もしました。天気が良いうちに、あれこれすることがいっぱいあるな~。

キーワード

2017年10月27日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

丹頂鶴の方がやってくる!

丹頂鶴の家族利尻とタンチョウ今日は地区婦人部のヨガに行ってみようと思っていたのに、奥歯にぽっかりと穴が開いて急遽歯科医院に行くことになりました。診療が終わって、なんだかヨガに行くには中途半端な時間になるので、マガンの群れか丹頂でも見ようと昼ごはん用のパンを買って行ってみました。

めぼしいところをぐるっと回ってみたけど、マガンの群れは少ないし丹頂もいません。まあいいやと思って、目の前に牧草地が開けて利尻が良く見えるところに車を停めて、のんびりとパンを食べておりました。目の前の牧草地にはマガンはいなかったのですけど、何かに驚いたのかあちこちで一斉にマガンの群れが飛び立って飛んでいるのが見えて、それが時折目の前を飛んだりして、それで十分楽しんでおりました。

丹頂鶴の親子丹頂鶴の親子パンもほとんど食べ終わってくつろいでいましたら…、ひときわ大きな白い鳥が3羽、目の前に飛んできてすぐそばの牧草地におりました。まあなんと!探し回ってもいなかったのに、のんびりしてたら向こうからやってきたのですね!親鳥は一羽、離れたところにおりましたが、子供を連れた家族でありますね。けっこう近くで見れたので、うれしくなってしまいました。

道東ではエサをやっているからか人慣れして、あまりありがたみがない丹頂ですけど、サロベツではエサを全くやっておらず、数も二つがいほどなので見つけるとうれしくなります。夏は湿原の奥深くにいて、秋になって子供がしっかり飛べるようになると、だんだん人里近くでも見られるようになります。特にデントコーンを刈り取った後の畑によくいると言われてますけど、今日はそういう場所じゃなかったので、びっくりでした。

キーワード

2017年10月19日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

鳥たちがいっぱいやってくる

シジュウカラシジュウカラ8時過ぎにはヒョウ混じりの雨が強く降って、さきに出発したバイクのお客さん、大変だろうなあと思いました。キャンプの用意もしているけど、寒いって言っていました。そうだろうなあ! 9時ぐらいに雨が止んでしばらくしたら、目の前の林にいっぱい野鳥がやってきました。

居間の窓からちょっと写真を撮っただけでもシジュウカラ、ゴジュウカラ、アカゲラといました。落ち着いて撮れば、もっといろんな種類の鳥を撮れたかも。そして撮ってから写真をよく見ると、シジュウカラはチョウチョの様なものを食べていたんですね!

ゴジュウカラアカゲラ今日は病院の予約を入れていたので、出かけなくてはなりませんでした。大きな病気をしているわけではなくて、予防のための診察ってことです。ここでこんな仕事をしていると、健康は大事ですからねえ。

そんなわけで車に乗ろうとして近づいても、すぐそばの木立で小鳥がいっぱい飛びまわっているのを見て、落ち着いて撮りたいな~と思いながら出かけました。木々の葉っぱもだいぶ落ちてきて観察しやすくなったので、これから薪ストーブでぬくぬくとあったまった部屋から双眼鏡で眺める楽しみも増えました。

キーワード

2017年10月17日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |



このページの先頭へ