万人向けの宿ではないけれど

「とほ宿」と言うのを全く知らずに泊まりに来る方や、うちが「とほ宿」デビューって言う方もけっこうおられるのですが、昨日泊まったご夫婦は、「とほ宿」どころか「民宿」と言うのにも初めて泊まったそうです。一つの鍋を(おまけに特異な牛乳鍋!)赤の他人と食べるのも初体験!民宿の中でもかなり異質な宿に、よくぞ勇気を出して泊まりに来ましたね^^;

予約の時に最初からドミトリーで予約する方には何も説明しませんが、個室で予約する方には、宿の内容を説明してそれでも良いのか必ず確認します。うちはドミトリーから出発した宿ですし、部屋は個室にできても一つの鍋をみんなで食べるというスタイルは、やはり譲れない形です。偶然泊まりあわせた旅行者同士とコミュニケーションをとりながら食事をするのが楽しみの一つで来られる方が多いので、それがダメな方は、夕食抜きか、ほかのホテルか旅館に泊まることを、すぐに勧めてしまいます。

うちは高級ホテルや旅館の様な設備やサービスはないけど、全く違う楽しみ方を求める人向けかなと思っています。それが合うか合わないかはお客さん次第で、お客さんが選んでくれればいいと思います。こんなところに二度と来るか~と思う人もいるんだろうけど、できれば、勇気を出して泊まってみれば、意外と楽しかった!って思ってくれればうれしいな。

キーワード

2017年11月3日 | テーマ:民宿での出来事 | コメントは受け付けていません。 |

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ