除雪機小屋の周りを雪で固める

除雪機を出すまずは除雪夏なら車で15分もかからない所に二日も足止めされていた息子が、ようやく帰ってきました。JRは今日も運休のようですが、一日二往復の稚咲内行き路線バスは運行再開で、朝1便に乗って帰ってきたのでした。

ひしゃげていた除雪機小屋は、意外とすんなり元通りになり、雪よりも風がひどかったので小屋の中は雪で埋もれておらず、除雪機も無事でした。いやあ除雪機がボッキリ!ってことになっていたら泣いちゃうよ。まずは私道を除雪。これで郵便屋さんも上がって来れます。

息子も手伝おうとしたが結局除雪機で雪を飛ばすいつもなら小屋は凍りついて動かない状態ですが、先日は猛吹雪になる直前、気温が4度ぐらいまで上がって雪が溶けていました。また風で倒れないよう、除雪の雪を小屋周りに集めて雪で固めることにしました。

帰ってきてそうそう息子も手伝おうとしましたが、結局除雪機のパワーで十分なので、宿主一人ですることになりました。昼までかかって作業は終了。そのあとすぐにまた雪が降ったりやんだりの不安定なお天気になりました。でもこれで除雪機小屋は大丈夫かな。

明日はJRで来られるお客さんがいますが、果たして名寄以北の宗谷本線は動いてくれるんでしょうか。

キーワード

2017年12月27日 | テーマ:暮らしの中で | コメントは受け付けていません。 |

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ