利尻と水芭蕉

利尻と水芭蕉利尻と水芭蕉GW後半の天気が今日の様な天気なら、あんなにキャンセルは入らなかったのにな~と、少々恨めしく思いながら、久々利尻がきれいだったので湿原センターに行ってみました。私道入口付近にいっぱい咲いている水芭蕉は雑草扱いですが、湿原センターの木道脇に咲く水芭蕉は、特別上等な植物のように見えますね。

通行注意サロベツ川この冬の積雪が多かったせいか、木道はかなり傷んでいました。波打っているところなどあって、通行注意のコーンが置いてあったり、通行止めになっている所もありました。角度や場所によって、写真を撮るにはこのコーンが無粋なんですが、仕方ないですね。

帰りに要望のあったサロベツ川も撮ってみました。素人目に見てもずいぶん濁って増水しています。山の上はまだ雪が残ってますもんね…。

キーワード

2018年5月9日 | テーマ:サロベツの風景 | コメント(2) |

コメント

コメント

  1. お世話になりました より:

    昨年、初めてゴールデンウイークにお邪魔して、宿のすぐ近所に咲いている水芭蕉の群落に感動しました。今年は開花が少し遅いようですね。本州ではわざわざ遠方まで見に行くのに、宗谷線に乗って音威子府を過ぎた辺りから線路際の至る所に水芭蕉が咲いていました。いよいよ道北に来たんだなあ。遠くに来たもんだ。と旅の醍醐味を味わっておりました。
    今年は仕事の関係でお邪魔できるかどうか…。私もいよいよ来年3月で定年です。定年になったら少しは時間的な余裕ができて(でも65才までは働く予定です)、ゆっくりサロベツに行けるかなな。と楽しみにしています。まだ行っていない月は、2月4月6月なので、それはこれからの楽しみにします!

  2. あしたの城 より:

    宿主も今年で66歳ですが、老後の蓄えもないし、倒れるまで働いてもらいます!ですから、たぶんしばらくは宿をやっていますんで、時間に余裕ができましたら、ゆっくり来てくださいませ!


コメントをどうぞ


このページの先頭へ