将棋は見ないといけないしスケートも見ないといけないし

吹雪マークがついていたサロベツですが、朝は穏やかでお客さんの一人は裏の丘までスノーシューで行って、日の出を見ていました。10分ほどで行けるし日が昇ってからでも帰ってきてじゅうぶん朝ご飯に間に合います。

温泉に出かける人あり、湿原センターに出かける人あり、お客さんはアクティブに楽しんでおられましたが、将棋好きの宿主にとっては、将棋とスケートと掛け持ちで楽しんでいました。私はどちらかというと、羽生二冠に岩のように立ちはだかって欲しかったのですが、藤井5段を応援していた宿主はネット中継を見て喜んで、そのあとテレビでスケートを見て喜んで、そのあとまたネット中継で将棋を見て喜んで、今日は本当に何度も喜んだ一日でした。

キーワード

2018年2月17日 | テーマ:暮らしの中で | コメントは受け付けていません。 |

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ