通行止め前で通り抜けるつもりが

雪が木の幹にも張り付く除雪と利尻今朝は風もなく静かに降った雪が木々に積もり、利尻も見えてとてもきれいでした。お客さんが誰もいないときに限って、こんな風景を見せてくれるのですよね。土曜日は吹雪くという予報でしたけど、こんな感じでずっと穏やかでしたので、午後に急に稚内へ行く用事ができた時は、荒れてくるのは夜の9時ごろからだっていうし、これから急いで行って帰って来ようってことになったのでした。

稚内についたときは、全く平穏で問題はありませんでした。なんだかんだ用事をして天気情報を聞いていないうちに、かなり早めの悪化になったようで、18時には道道106号線が通行止めになるとのこと。40号線を通ると、最後はサロベツ原野を横切らねばなりませんので、そこが一番の問題、なので通行止めになるまでに海岸を通って帰ることにしました。

稚内から抜海を過ぎてコウホネの家まで来たのが17時半ごろ、雪も降っておらず余裕で18時までに帰れそうだったのに、なんとそこで通行止めだと言われ、内陸の方へまわりなさいと指示されてしまいました。通行止めになると聞いた時間よりかなり早かったのになあ!でもそこでゴネるわけにいかないし、おとなしく遠回りして帰ってきました。

家に帰るまでは、そんなに荒れた天気と言うほどでもなかったけど、やはり急激に悪化してくるので余裕をもって対応するに限ります。明日はまた除雪かな~と宿主がため息をついておりましたが、仕方ないですね~。

キーワード

2018年2月23日 | テーマ:暮らしの中で | コメントは受け付けていません。 |

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ