サロベツのハーフパイプ??

道道444号線なんだかこの冬は、週末ごとに大荒れの天気になるし、土日のJR運休率がものすごく高いですね。今日は週の中日で天気は落ち着いている方ですが、道道444号線の両側に除雪で寄せた雪が壁のようになっていて、サロベツ原野が見渡せない状態です。

まるでサロベツのハーフパイプだね~って感じです^^ この写真を撮った時は風があまり吹いていなかったので視界が良いですが、風が強い時は、地吹雪でちょうど目の高さで雪が流れていくので、晴れているのに真っ白になって視界が悪いです。

宿の私道看板のところも、この除雪の壁の延長上にあるので、雪の中に隠れてしまっています。こんなに雪が多い冬も久しぶりです。明日からまた天気は下り坂、低気圧の進む進路によってはまた荒れ模様になるとか、はたまた雨が降って洪水になるとか。穏やかに春は来ないんだな~。

キーワード

2018年3月7日 | テーマ:サロベツの風景 | コメントは受け付けていません。 |

コメント

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ