まだまだ頑張るマリーゴールド

まだ元気なマリーゴールド丸い花壇マリーゴールドがまだ枯れずに咲いています。11月まで枯れずにいるって言うのは育てだして初めてかなあ。つまりは強い霜が降りていない記録が更新中ってことですね。天気予報を見ていたら、そろそろ最低気温が氷点下になる日も出てきそうなので、記念に写真を撮っておきました。

隣りの丸い花壇は、宿根草を移植してきて、真ん中のあたりにチューリップとムスカリが植えられています。球根類が咲き終わったら、宿根草が大きく育ってきて枯れた葉を隠す…というふうに植えたつもりだけど、果たしてうまくいくのでしょうか。ダメだったらまた植えなおせばいいわ~という気持ちでやりました。プロのガーデナーではないし、最初から完璧にできないよ~!って思えば気が楽です。

キーワード

2018年11月6日 | テーマ:畑と花壇 | コメント(2) |

コメント

コメント

  1. 赤壁周庵 より:

    マリーゴールドは5月の花、というイメージがあって、11月のサロベツで咲いているのは驚異です。こちらもようやく最高気温が20℃を越えたり越えなかったりするようになり、8月初めにお邪魔した頃のサロベツとほぼ同じ気温になりました。今年の春先、近所の浄水場の周りにマリーゴールドが点々と植えてあるのを散歩の時に見つけたのですが、それ以来ずっとそこには行ってないので、さてあれはどうなっているのかしらん・・・

  2. あしたの城 より:

    わが家の庭のマリーゴールドは、種から育ててサロベツの気候に慣らしていっているせいか、けっこう寒さに強いかもしれません^^
    でもついに今日(8日)霜が降りて、終わりになってしまいました。来週あたりそろそろ初雪が降るかな~。


コメントをどうぞ


このページの先頭へ