打ち上げ花火

14日は、寝る布団はまだあるのだけど、食事の場所の関係で、朝に一組の個室を受けて、あとの新しい予約はお断りしようということになり、ついに今シーズン初めての満室お断りだな~と思っていたら、それ以上予約の電話がかかってこなくて、結局満室お断りは言いませんでした。

ネットにはいつも混んでるとか予約が取りずらいとか、書いている人がいるようですが、一人の個室でないとだめとか、グループで来て一人ずつの個室にしてとか、二人ずつの個室を何室もとか、そう言う要望がない限り、満室で断ることは、1年のうちに数日もあるかないかですね~。今年はいまのところ満室お断りはありません…。

明日からはガクッと減って、17日なんて一組3名しか今のところ予約が入っていません。お盆の最盛期に来て、いつも混んでいて儲かってんだな~なんて言い方をする人がいますが、現実には打ち上げ花火みたいなもの、ポンと打ちあがって儚く散って、あとはその余韻に浸るって感じかしらん^^

キーワード

2018年8月15日 | テーマ:民宿での出来事 | コメント(2) |

コメント

コメント

  1. 赤壁周庵 より:

    タイトルだけ見てああ豊富の花火のことか、原野の彼方に見える花火はオツなもんだったなあ、と思ったのですが、全然違いましたですね(^^;;;
    良くも悪くもネットの時代ですねえ・・・子供の学校の連絡がLINEで来るなんて想像もしてませんでした。もっとも我が家はLINEには無縁なのでメールやら電話で連絡が来ますが。高校生の子供はSNSはコワい、と言って近寄ろうとしません。ワタシもコワいというより疲れるのでSNSの類はtwitterも含めて全部やめてしまいました。と言いながら、こうやって人さまのブログにしょうむないコメントを書いたりしていますが(^^;;;

  2. あしたの城 より:

    豊富町の花火、よく覚えていますね。毎年8月15日に豊富温泉であって、ここからでも原野越しに見えるので、昨夜はお客さんたちが庭に出て眺めていました。この打ち上げ花火から連想したブログでありました^^
    いまどきSNSに近寄らない若い人は、珍しいですね。みんながやっているから自分も…、なんてことにならないのがエライ!ただ連絡事項とか学校の行事や連絡も最近はLINEで来るそうで、息子も連絡事項の道具として、最低限入っているみたいですよ。


このページの先頭へ