最高気温が14度

夏に寒いなんて書いたら涼しいと書きなさいと怒られそうですけど、今日は寒かったです!だって最高気温が14度にやっと届いたぐらいだったんですもん。34度ではなく、24度でもなく、8月に最高気温が14度ですよ!

九州から来たお客さんは、とても寒がっていましたけど、地元民だって寒くて、長そでにして、久しぶりに靴下も履きました。半そで短パン姿のお客さんが来たので、「そんな恰好で寒くないですか?」ときいたら、「半そでしかもってこなかった…」とのこと。やっぱり道北旅行は、長そで長ズボンを一つは持ってきたほうが良いですね。

朝から一日雨で、連泊のお客さんは、宿主が稚内の耳鼻科に行くのに便乗して港の湯でまったり一日過ごし、診察が終わった宿主と一緒に帰ってきました。宿主の耳は相変わらず悪くて、どうもお医者さんの言うことに不信感を持った宿主は、もう一軒の耳鼻科に行ってみるそうです。まあ納得して治療してもらった方が良いですからね。

キーワード

2018年8月16日 | テーマ:民宿での出来事 | コメント(6) |

コメント

コメント

  1. 赤壁周庵 より:

    14℃はこちらだったら冬の気温です。寒いですね。

    耳鼻科通院は、結構難儀ですね。水中で話しているみたいだ、と宿主先生は言われていたので相当気持ち悪いだろうな、と思います。
    私事ばっかり書いて恐縮ですが、下の娘が小学校低学年の頃、中耳炎になって、それまで通っていた耳鼻科の医者が治せず、さじを投げられ、しょうことなく知り合いの言語聴覚士に別の耳鼻科を紹介して貰って行ったら通院3回で完治した、なんてこともありましたので、医者に不信感を抱いて変わる、と言われるのも人ごとと思えないのですが・・・

    ともあれ、良いお医者さんに出会えて完治することを数千キロの彼方から祈っています。

  2. あしたの城 より:

    田舎は専門医が少ないので困りものです。特にこちらは2軒しかないので…。
    今日別の病院へ行ったら、予約だけの日だったそうで、稚内に行ったのにそのまま帰ってきました。しゃべるのも嫌みたいだし、聞こえの悪い日々も続きそうです。

  3. 赤壁周庵 より:

    たびたび恐れ入ります。
    娘のときも相当あれこれありましたので、似たような状況かとお察しします。
    どうか、多少遠くでも良い医者に巡り合えて完治されることを祈っています(いっそ娘の中耳炎を治してくれた医者を紹介したいぐらいの心境です)。
    以上、差し出がましいことを書いてしまいましたが、心配の余り、ということでどうかご寛恕下さいm(_ _)m

  4. あしたの城 より:

    お気遣いありがとうございます!
    稚内には耳鼻科が2軒しかないので、詳しいいきさつは省きますけど、宿主が一番納得できる説明をするお医者さんの元で治療してもらえればいいかなと思っています。稚内がダメなら、名寄まで片道2時間以上かけないといけないからな~。月曜の診察はどうなるかしらん!

  5. サイタマン より:

    耳がボワンとして聞こえづらい、かといってあまり痛いわけではない。最近鼻が詰まったりして耳ヌキができていない。そんな症状だったら素人の思いつきですが滲出性中耳炎かもしれません。以前私も片耳づつ次々にかかり、治るのに一年かかりました。きっかけは風邪をひき鼻詰まりの時にエレベーターに乗ったからみたいでした。最後は鼓膜に穴をあけて中にたまったリンパ液を抜き取りました。鼓膜を切開するときは痛風の発作の時より痛かったです。そんなことにはなりませんように祈っています。

  6. あしたの城 より:

    >サイタマンさん
    結局は、今日、鼓膜切開をしてずいぶん楽になったようですよ。最初のお医者さんは否定しているけど、鼻うがいが原因では…、と宿主は疑っております。
    切開の時は、麻酔をしたそうで痛くはなかったそうです。うまくいけば一回で治りそうですけど、なんだかもう一回ぐらい切開しないといけないような…。


このページの先頭へ