片付けが進まないのと一緒

今日は昨日の続きのような話です。「あしたの城物語」は15年ぐらい前に2年近くかけて(ラストをUPするのに1年ほど時間が空きましたが)連載したような感じでありましたが、当時はプロバイダの無料HPを使っていたので、全体の容量が少なかったせいもあり、今から見ると画像はとても小さいです。レンタルサーバーを使っている今は、大容量になったので、同じ画像を使うにしても、昔の写真はまたスキャナーで取り込んで大きめに加工しているので、手間がかかります。

おまけに、居間に置いてあるアルバムとか、宿主がぐっちゃりと押し入れに放り込んでいた40数年前の写真とか、子供たちの小さかったころの写真とか取り出して見ていると、どれを選びなおそうかというより、懐かしくて眺めていたりして、さっぱり前へ進みません。片付けをしていると昔懐かしいものが出てきて、前へ進まないのと一緒ですね。

その後の話の構想が浮かんできて、リニューアル記念に一つ書き足そうかとも思うのですけど、全体のサイトリニューアルの方が先ですねえ。と言って、いまUPしているものをすべてリニューアルするつもりはないのですけど。何となく今日、この話で続編を書いても良いなあと言うのが浮かんできたので、人類を火星に送り込むのを待つぐらいの気長さで、待っていてくださいませ^^;

キーワード

2018年9月25日 | テーマ:PCで遊ぶ | コメント(4) |

コメント

コメント

  1. 赤壁周庵 より:

    気長に待ちます。待ちますけど、どうか不肖私の生きている間に公開されますように。どうも命旦夕に迫っているような気がする今日この頃ですので(予定はありませんけど)。

  2. あしたの城 より:

    >赤壁周庵さん
    予定は立てないでくださいましよ^^;
    今日は写真を選ぶのに時間がかかり、パソコンに取り込んでサイズをそろえるだけで作業は終わりました。あしたの城物語の時代の中で、まだフィルム時代のリニューアル中ということです。
    人類が火星に降り立つよりは早く公開する自信はあります☆(ゝω・)v

  3. Toshi より:

    「あしたの城物語」楽しく拝見しました。気長にアップデートをお待ちしていますね。実は、5年前、不登校だった中学生の息子を連れ、久しぶりに再訪した際、1985年のアルバムに自分も写っている写真を見つけて息子と共にびっくりやら、うれしいやら。その写真には、旅の途中の札幌駅で急行利尻を待っていたホームで知り合い、稚内から宗谷岬へ一緒にヒッチハイクし、ここに誘われて一緒に泊まった北大生なども写っており、物語にも書いてあるハエやカップラーメンに騙された懐かしい記憶もよみがえってきました。先の息子(長男)は無事に高校生になり、今は大学受験を目指していますが、今度は、もう一人の息子(次男)と共に再訪したいと思っています。

  4. あしたの城 より:

    >Toshiさん
    開業当初のころに来た方は、当時大学生でももう定年退職になる年頃です。途中、忙しくて来られなかった人も、最近になってまた来てくれる人がけっこういます。やはり昔の写真をアルバムで見つけて、懐かしがっている方、いますよ^^
    あしたの城物語だけでなく、宿泊や観光案内など、いくつかリニューアルして一気にUPしようと思っているので、ま~気長にお待ちくださいませ^^次男さん連れて再訪の方が早くなるかも…?!


このページの先頭へ