久しぶりに利尻が見えました

久しぶりの利尻朝早くは雲に隠れていた利尻が、だんだん青空が見えてきて、きれいに見えてきました。一段と雪の面積が広がってきています。今年はなんだかんだ言って暖かいようで、強い霜はおりていないし、初雪も降っていません。おかげでマリーゴールドはまだ咲いているし、木々の葉っぱもまだ残っているのがあります。

毎年、11月の15日ぐらいに、秋から冬へとガラッと変わります。それはもう突然、今日から冬だって思う日があるんですよね。今年は季節の進み具合がゆっくりなような気がするけど、やっぱりある日突然、冬に変わるのかな。

キーワード

2018年11月2日 | テーマ:サロベツの風景 | コメント(2) |

コメント

コメント

  1. 赤壁周庵 より:

    利尻ももう真っ白ですね。あの世界(ちょっと違うような気もしますけど)が突如、サロベツに押し寄せて来る日も近い、ということでしょうか。
    それにしても、10月30日に書かれていた暴風雨と言い、剥き出しの自然ですね。本日は穏やかな日のお話なのですが、これからやって来るものの荒々しさを思ってややたじろいでしまいました。

  2. あしたの城 より:

    季節の変わり目は、強風が吹き荒れることも多いです。2日は風がなく穏やかで外仕事日和でしたが、今日は風が強かった~。天気は行きつ戻りつしながら、やがて真っ白な世界になります~。まだもうちょっとこの雪が無い時期を楽しみたいです。


コメントをどうぞ


このページの先頭へ