朝焼け

朝焼け雨戸のある家で生まれ育った私は、サロベツに来て何が困ったかって、だんだん早くなる日の出につれて、5時とか4時とかに目が覚めてしまうことです。北海道の家は、雪の関係で雨戸がありません。遮光カーテンをしていても外が明るくなってくると、やはりその時間に目が覚めて、それからうつらうつら状態になってしまいます。いまだにそうです。

今日も4時ごろに目が覚めました。ふと壁を見ると、東の小さな窓から朝日がさしていて、白い壁がローズ色になっています。いったん目をつぶったんですが、見事なローズ色が気になって、起きだして窓の外を見ました。窓の真正面からちょうど朝日が昇っていました。

1月ごろだと、7時を過ぎて、朝ご飯を食べながら原野に昇ってくる太陽を見るのですが、今は太陽の位置がずいぶん左になって、林の間から昇ってきています。木立の隙間から見える原野には霧が出ているようで、その霧もローズ色に染まっているようです。もうしばらくすると葉っぱが茂ってくるので、こんな風景も見られなくなるのでしょう。

写真を撮って布団にもぐりこみ、うつらうつらしながら起床の6時半となりました。壁にさす日差しはもうローズ色ではありませんでした。そして今日は3時半を過ぎて、雨になりました。

キーワード

2011年5月16日 | テーマ:サロベツの風景 | コメント(6) |

コメント

コメント

  1. 北野 大地 より:

    庭から見る原野の朝日、好きです!

  2. そら より:

    最近は雪国でなくても雨戸が無い家が増えているようですね。
    (なんとなく、見かけるイメージですが・・・。)
    雨戸を閉めていると時間がわからないので、つい寝すぎてしまいますが、
    若いときから目が覚めていましたか?

  3. まるやま より:

     私も引っ越して雨戸がなくなって、朝早く目が覚めるようになってしまったクチです。
     いや、それだけではなく、年をとってきたということなのかもしれません・・・・。
     でも、こんな朝焼けが見られた日には、何かいいことありそうな気もしますね。

  4. あしたの城 より:

    >北野大地さん
    雲海のような霧が出やすい秋のころがいいですよ。あんまり早起きしなくても朝日が見れるし♪

    >そらさん
    小さいころ、祖父母の家の雨戸には節穴がいっぱいあって、遅く起きたときなんか、節穴からレーザー光線のようにいっぱい光が差していた光景、いまだに思い出します。
    目が覚めだしたのは、サロベツに嫁に来てですよ(^O^)/

    >まるやまさん
    世界がバラ色に輝くのは、日の出のわずかな時間ですからね。どんぴしゃな時間に目が覚めるのは、神様が起こしてくれたのかしらん?!

  5. 澄川 より:

    うふふ、目がさめるのは、重ねた年月のせいではないですか。

  6. あしたの城 より:

    いえいえ、繊細な神経の持ち主だからですわ♪


このページの先頭へ