大寒波も気にせず焚ける薪ストーブ

これで晴れて放射冷却も加われば、数字的にはもっと気温が下がったのでしょうが、朝の外気温はとりあえずマイナス15度程度、しかし今日は風が強かったもんで、建物はすごく冷えました。

洗面所の配管が凍るといけないので、廊下を開けて薪ストーブを焚いて寝たので、広間の室温は3度までに下がっていました。おかげで洗面所は凍らなかったものの、しばらく薪ストーブを焚いて部屋の温度を暖めないと、ゆっくり朝ご飯を食べる気にはなれません。

こういう時に普通のストーブなら、常に部屋の温度を一定にするとか、7時には快適な気温になるよう予約するとか、いろいろ便利な機能があるのでしょうけど、我が家の薪ストーブにはそういうのって一切ありませんもんね。

でもま、朝のその時間は厳しい寒さでしたけど、その後、灯油代を気にせずガンガン焚いて25度ぐらいに部屋を保てるのですから、貧乏人にはやはり薪ストーブが良いかな!

キーワード

2019年2月8日 | テーマ:薪ストーブ | コメント(2) |

コメント

コメント

  1. ひぐま より:

    了解だけ取って、皆さんへの案内を忘れていました。
    申し訳ありません。

    GoogleMapsをマイクロソフトの10年以上以前のフライトシムソフトで
    サロベツ原野、あしたの城、稚内市を飛んだビデオです。
    風車、あしたの城、稚内市内建物は自作です。

    ホームページのBBSメニューに今年の札幌雪祭りの写真も
    掲載しております。よろしくご笑覧下さい。

  2. あしたの城 より:

    建物とか、なかなかリアルでしたよね!ウルトラライトプレーンで建物上空をくるりと一回りした時と同じ感じでした!
    今年は大寒波で、かえって雪祭りも溶ける心配がなくていいかもですね。


コメントをどうぞ




このページの先頭へ