サワランが色鮮やかに咲いていた

サワラン一昨日の夜から昨日にかけて、2か月ぶりに雨らしい雨が降りました。原野の花も、喜んでいるだろうなあと、今朝、サロベツ湿原センターに行ってきました。

今年はエゾカンゾウやコバイケイソウはいまいちでしたが、あやめ類はそれなりに咲いていて、前回はカキツバタ、そして今回はノハナショウブが群落で咲いていました。それよりも目がいったのは、草むらに隠れるように咲いていたサワランです。しばらく前、サワランを見たくて来たのに、まだ咲いていなくて、がっかりしていたお客さんがいたのを思い出したからで、1週間ずらしてきたら、こんなに咲いていたのにね~、と思ったのでした。

家に帰ってくると、宿主はタンポポ抜きにすっかりはまっていました。私もタンポポ抜きにはまったことがあるので、その気持ち、すごく分かります。花壇を見ると、雨が降って雑草がものすごく大きくなっていたので、午後からは花壇の雑草を抜きました。今日撮った湿原センターの写真は、明日にでもUPします。

キーワード


2012年7月10日 | テーマ:サロベツの風景 | コメントは受け付けていません。 |

エゾカンゾウの花色が悪いなあ

エゾカンゾウとカキツバタ朝から快晴、利尻もばっちり、ということで8時前にはお客さんは全員出発しました。その浮き立つ気持ちは分かります!私も早くから仕事をはじめ、早くに終わらせて、サロベツ湿原センターや海岸に出かけました。

サロベツ原野もエゾカンゾウが咲いてきていますが、昨年ほどではありません。昨年のピークはまだあとに来ていたので、何とも言えませんが、花の量より、花の色が悪いのが気になります。白く干からびた感じです。なんかアップで撮る気がしません。雨が降らないのが影響しているのかもしれませんね。

利尻はとてもきれいで、海岸でも長く過ごしました。昼から出かける用事がなければ、もっと長くいたんですけどね…。

キーワード


2012年6月25日 | テーマ:サロベツの風景 | コメントは受け付けていません。 |

シマアオジがサロベツに今年もやってきた

シマアオジとオオジュリン利尻富士がとってもきれいだったので、雲が出ないうちに写真を撮ろうと朝の8時半ごろにサロベツ湿原センターへ行きました。そのときは、もうこんな時間だし、シマアオジを見ようなんて全く思っていなかったのです。

ところが野鳥を見に来たご夫婦がいて、シマアオジがいたんだ、と、とてもうれしそうに言っていましたので、見たいなと欲は出しつつ、ミツガシワの写真を撮っていたら、奥さんが「あっ、あそこにいる!」と教えてくれました。結構遠いところで、双眼鏡では見えるけど、自分のカメラで写真を撮るのは無理でした。

団体さんが来て、ちょっとうるさかったので、もう帰ろうかなあと思っていたら、また奥さんが「こっちこっち!」と手招きしてくれて、行くと比較的近くのブッシュで別のシマアオジがオオジュリンと並んでさえずっていました。今日は奥さんがいなかったらシマアオジは見なかったかもしれません。札幌から来たご夫婦だそうですが、どうもありがとうございました(^O^)/

稚内から来たという人もいて、その人も詳しかったです。まだ目立つ花が咲いていないのでカメラマンはあまりいませんでした。でも鳥だけ見たい人なら、今の時期は葉が茂っていないので、とても見やすいです。

キーワード


2012年6月2日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

今度は「北のカナリアたち」サロベツロケ

宿主と稚内に行き、お天気屋でうだうだしていると、マスターが「今日はサロベツに吉永小百合が来ているんじゃないの?」と言いました。来年の秋に公開される「北のカナリアたち」という映画のロケが、今稚内中心に行われているそうですが、今日はサロベツ湿原センターで撮影しているんじゃないかと言います。

「ああ、だからか!」と納得したのは宿主です。昨夜7時半過ぎに、娘を迎えに高校へ行く途中、サロベツ湿原センターの横を通ったら、そんな遅い時間にもかかわらず車がたくさんあって、「何があるんだろう??」と思ったそうです。撮影の準備か、それとも撮影をしていたのかもしれませんね。

吉永小百合主演の映画が撮影されるとは知っていましたが、利尻、礼文で撮影されると思っていたので、サロベツにまで来るとは思っていませんでした。どういうあらすじなのかよく知りません。サロベツはどんなシーンで出てくるんでしょうね。今日は暖かめの気温で、天気もそれほどひどくありませんでした。吹雪のシーンが欲しかったのでしょうか、それとも良い天気が欲しかったのでしょうか?

年が明けると島でロケをするそうです。秋に公開の時は、きっと稚内の映画館でもやるでしょうから、見に行かないとね。

キーワード


2011年12月14日 | テーマ:暮らしの中で | コメント(2) |

サロベツ原生花園でCM撮りをしていました

CM撮影お盆過ぎからちょくちょくサロベツ湿原センターに行っているのだけど、写真を撮らなかったり、タンチョウを優先させて、花の写真を載せなかったりで、「サロベツの景色」の更新をなかなかしておりませんでした。今日こそ、最新の写真も撮って更新しようと、湿原センターに行ってきました。

すると林の中を通る木道で、CMの撮影風景に出くわしてしまいました。狭い木道ですから、スタッフの人に、「申し訳ないけど待ってもらえませんか」と言われて、待つことにしました。「何のCMですか?」と聞くと、パチンコなんだそうです!

外人のモデルさんを連れてきて、サロベツでパチンコのCM?おまけにこの林の中で?おもわず「こんな林の中で撮るのなら、サロベツでなくてもいいんじゃない?」と聞くと、さっきまではちゃんと利尻が見える広いところで撮影していて、今はイメージ撮りをしているのだとか。なんというパチンコ屋さんなのか聞きそびれてしまったけど、どんなふうに流れるのか、見てみたいですね。

家に帰って宿主に「金髪美人のモデルさんがCM撮りしていた」と言うと、でろ~んとNHK教育テレビの将棋を見ていたのが、「えっ、見に行ってみようかなあ」と言っていました。金髪美人はモデルさんだけに肖像権を言われそうだから、小さく写しています。みなさん残念でした。花と風景の写真は「サロベツの景色」にUPしました。

キーワード


2011年9月11日 | テーマ:サロベツの風景 | コメント(2) |

サロベツ湿原センターのレンジャーさん

いつも一人でプラプラ歩いて、湿原を見て回っているだけなので、前々からガイドさんに説明してもらうと、どんなふうにサロベツを説明してくれるのか、興味がありました。昨日サロベツ湿原センターの情報掲示板を見ていると「サブレンジャーがガイドします」と言う張り紙がしてあって、「気軽に声をかけてください」とあったので、突如、「よし、ガイドを頼んでみよう!」と思いました。

出てきたのは娘の同級生です。地元の高校生や大学生がサロベツ湿原について勉強し、夏休みの間、3人ばかり常駐してガイドをしているのです。「ぼくよりも湿原に詳しいんじゃないですか?すごく緊張しちゃうなあ」と言いながら、一生懸命ガイドしてくれました。実をいうとまだ先の話なんですが、実家の父とお友達の方が遊びに来るので、いろいろ案内してあげようと思っているのです。その時のガイドの参考にしようと思っています♪

HPに載せてもいい?と聞くと、OKしてくれました。写真は一緒にサブレンジャーをやっている同級生の子も呼んで、二人で撮りました。高校生の夏休みは18日までと、とっても短いですけど、全国からやってくる旅行者の人たちに、サロベツの魅力を伝えてくださいね。昨日の様子は「サロベツの景色」にUPしました。

キーワード


2011年8月5日 | テーマ:サロベツの風景 | コメント(2) |

雨上がりにシマアオジが出て

朝から本格的な雨が降っていました。昨日除草剤まかなくて良かったね。もともと連泊してレンタサイクルに乗って野鳥を見に行こうといしていた人も、困ったなあ、と言う感じでした。探鳥家の人はせっかくここまで来たんだから雨の中でも見に行くと、サロベツ湿原センターに行きました。ちょうど送迎で朝、町に出るので、途中の湿原センターでお客さんを下ろしました。

この雨ではどうだろうな~と思いながら見送ったのですが、9時ごろに雨がやんだ後、シマアオジがいっぺんに2羽も出て、おまけに3メートルの近さにやってきて、大感激したと言っていました。直前まで雨が降っていたもので、普段はいっぱいいる野鳥カメラマンもほとんどいなくて、独占状態だったそうです。野鳥を見るのは本当に時の運ですねえ。

キーワード


2011年6月20日 | テーマ:野鳥や動物 | コメントは受け付けていません。 |

サクラが咲いてやっと春らしい陽気に

裏庭の桜寒い寒いと言っていたサロベツもついに今日は16度ぐらいまで気温が上がりました。昨日裏庭の桜が2~3輪咲いて、やっと開花だな、と思っていたら、今日一気に花が開いてきました。ようやく春らしい陽気を感じることができました。

午前中サロベツ湿原センターへ行ってきました。目立つ派手な花は咲いておりませんで、観光客らしい人はほとんどいないのですが、双眼鏡片手に1時間半もいました。エゾカンゾウやコバイケイソウ、あやめ類が芽吹いてきていて、時期がくれば、今までよりもかなりの密度で咲きそうだなあと思いました。期待でちょっとわくわくです。

ツメナガセキレイ、ノビタキはもうわかるのですが、なんだろうな?と思う野鳥もいました。鳴き声も盛んにしていて、シマアオジは??と思いましたけど、よく分かりませんでした。オオジシギはディスプレイを盛んにしていました。今度の場所は、エゾカンゾウと利尻と野鳥をセットで撮れそうな気がしますね。

今日か明日には、撮った写真をUPしようと思います。でもちょっと風邪気味で、何もせずに寝てしまうかも…。

キーワード


2011年5月27日 | テーマ:サロベツの風景 | コメントは受け付けていません。 |

花は一気に咲いてくるのかしらね

昨日は礼文島に住む自然写真家宮本さん杣田さんご夫妻が泊まりに来ました。うちの子供たちが赤ちゃんのころから知っているので、よその子は大きくなるのが早いね~なんて話をしました。そう、ご夫妻の子供さんだって、いつの間にか大学生なんですから。

こう寒くては、花はどうなるんだろうね、と言う話もしました。寒さで遅れても、暖かくなってくれば一気に咲き出すので、それはそれで見事になるんだけどね~と言っていました。移転した新サロベツ原生花園も、もともとエゾカンゾウは咲いている場所だったので、楽しみにはしているのですが、一気に咲いてくれるかな。

サロベツ湿原センターや、自然観察路も、行こう行こうと思っていてなかなか行けません。宿主が毎日病院通いしていますから。でも明日は行かなくていいと聞くので、明日晴れたら行ってみようかな。ギョウジャニンニク、今まで大量に見てきたけど、花は初めて見ることになりそう♪

キーワード


2011年5月26日 | テーマ:サロベツの風景 | コメント(2) |

サロベツ湿原センターの自然観察路を歩いてみた

サロベツ湿原センターの案内板浚渫船雨がやんだばっかりで利尻も見えず、吹き飛ばされそうなぐらい風が強い日で、普段なら写真を撮りにいかない日ではありましたが、やはりお客さんよりも早く新しい湿原センターの自然観察路を歩いてみなくちゃ、ということで出かけていきました。

自然観察路展望デッキ昨日雨が降ったばかりというせいもありましょうが、水位が高いのかな~という感じで、ヨシがかなり目立っていました。泥炭採掘跡には水が常に溜まって小さな沼のようですし、林の中を通ったりしますので、以前のような360度サロベツ原野が広がるその真っ只中という感じではありませんが、景色には変化があります。

行者にんにく灌木どこにどんな花が咲くのか全く分かりませんので、これからまめにやってきて、チェックしようと思います。展望デッキにはベンチが置いてあって、天気の良い日にまったりするのはいいですね。それにしても昔の原生花園、遊歩道だけでも残しておいてほしかったなあと思います。もう撤去しちゃったから仕方ないけどね…。

キーワード


2011年4月29日 | テーマ:観光・温泉 | コメントは受け付けていません。 |

展望台かしらん?

展望台?朝早くに町へ出る用事があったついでに、完全なる逆光で、おまけに遠かったのでいまいちの写真ですが、新しい自然観察路にできている建造物を撮ってきました。車で町へ行きかえりするたびに、この出来たての色をしたものが気になります。サロベツ湿原センター入り口には、「オープンは28日から」と張り紙がしてあって、工事関係者の人がそれなりにいるので、やっぱりこそっと入って遊歩道を歩いてみるのは、気が引けるんだなあ~。

家に帰ってサロベツ湿原センターのパンフレットを見てみると、木道には「展望台」と「展望デッキ」「休憩デッキ」があります。書き分けているということは、それぞれに形状が違うんだろうけど、展望台と言っても高い塔は建っていないので、この写真のものが展望台なんだろうか。なんだか気になるけど、あと2週間ばかりで正式オープンになるので、楽しみです。

キーワード


2011年4月13日 | テーマ:観光・温泉 | コメントは受け付けていません。 |

サロベツ湿原センター、冬は土日に開館

新しくできたサロベツ湿原センター、正式なオープンは4月28日とありますが、冬の間は土曜と日曜だけオープンしているのだそうです。同じオープンするなら、もっと宣伝すればいいのにな~と思うのですが、周りにいる地元の人は誰も知らず、先日泊まっていたお客さんが、偶然前を通りがかって知ったのでした。

宿主は今日、湿原センターに行ってみました。宿主は、前のお披露目の時に用事があっていけなかったので、今日が初めてです。さすが自分でごそごそ手作りするのが好きな宿主、中央展示用の柱が「こんな作り方でおしゃれに見える」と感心していました。息子がいたので1時間しか見れなかったけど、またゆっくりひとりでいろいろ見たいと言っていました。

宿主が家に戻ってすぐに早めにお客さんが到着。さっそく客さんにも、湿原センターを紹介しました。せっかくなんですから、土日に来るお客さんには、精出してサロベツ湿原センターを宣伝しようと思います♪

キーワード


2011年1月22日 | テーマ:観光・温泉 | コメントは受け付けていません。 |

ビジターセンターもいよいよ取り壊し

レストハウスはずいぶん前に取り壊されて更地になっていたけれど、トイレやビジターセンターは手つかずのままでしたので、年内に撤去すると言っていたけれど、本当に撤去するんだろうか?と思っていました。

ここ数日、にわかに足場を組みだしたと思ったら、昨日いよいよトイレを壊しだして、今日私がそばを通ったら、きれいさっぱりなくなっていました。残りはビジターセンターだけです。ビジターセンターも、窓は全部外されていました。壊しだしたらあっという間なんですね。

12月31日~1月3日まで、新しいサロベツ湿原センターが、特別公開されるそうです。私以外は行っていないので、天気がよければ家族でぶらりと行ってみたいところです。しかし、大みそか、元旦はまたもや猛吹雪との予報。果たして家から出れるのかしらん?

キーワード


2010年12月28日 | テーマ:観光・温泉 | コメントは受け付けていません。 |

新しいビジターセンターの見学会へ行く

 来年の春に公式オープンする新サロベツビジターセンターであるサロベツ湿原センターの見学会がありました。見学会と言っても、自由に中を見てください、という感じです。天気予報は猛吹雪ということでしたが、幸い雪はつかなくて、その代り大変な風でまっすぐに歩けないほどでした。だから外で撮った写真は一枚だけです!

新サロベツビジターセンター新しい遊歩道の地図  こんな天気では、どれほどの人が来ているのかなあと思いましたが、意外と地元の人が多く訪れていました。入った正面には、新しくできる遊歩道の地図もありました。全長1.5キロほどだそうです。どこにどんな花が咲くのか、楽しみですね。

ビジターセンター内ビジターセンターから見た原野方面の景色  ビジターセンターの中はとても広くて立派です。右側は観光客用ですが、左側の棟は研修室とか倉庫みたいなところとかありました。いろいろ多目的に使うつもりなんでしょうね。最後の写真は、ビジターセンターから見たサロベツ原野方面です。さすがに工事は終わっていないのでまだ雑然としています。

 本当に立派になりましたけど、残念なのはすべて一階で終わりということで、2階の部分が作られていて、そこから広範囲に景色を見渡せることができたらよかったのになあ、と思いました。でも聞くところによると、新しい遊歩道の途中にちょっとした展望台ができるということですから、それに期待していましょう。

 今度のサロベツ通信春号は、サロベツ湿原センター(新ビジターセンター)の特集をやります。サロベツ倶楽部の皆さんは楽しみにしていてくださいませ。

キーワード


2010年11月28日 | テーマ:サロベツの風景 | コメントは受け付けていません。 |

このページの先頭へ